パナソニック脱臭ハンガーをズボンに!リアルなレビューと評判!

 

スーツのズボンは蒸れるから、どうしても臭うよね。

仕事で着ていて、臭うと恥ずかしくて困るなあ。。

気軽にクリーニング出せないから、本当にイヤ。

 

 

パナソニック脱臭ハンガーMS-DH100-Kを、ズボンに使ってみたレビューです。

 

実際に買って使ってみると見えてくることがありましたので、リアルな感想を書いていこうと思います。

 

 

スポンサーリンク

パナソニック脱臭ハンガーMS-DH100-Kは、ズボンにも効果を感じられるのか?

まず、パナソニック脱臭ハンガーMS-DH100-Kを使ってみてわかったことは

 

・ズボンに使っても効果はある

 

ズボンと言っても、スーツのズボン、ジーンズなどいろいろあります。

 

わたしが脱臭ハンガーms-dh100-kを使ってみたのは、スーツのズボンです。

生地の厚みはさほどありませんが、仕事で着ていく場合には、臭いがあると困ります。

 

クリーニングなどで洗浄していませんから、完全に臭いをとってしまうことはできません。

 

現状の臭いを、それ以上、不快な臭いにパワーアップさせないようにはできます。

 

つまり、家で脱臭目的で使うならば、十分効果を感じられる、ということです。

 

スーツやズボンは、臭いを増やさないことが大事 できることは素早い乾燥

臭いを増やさないようにすること。それは徹底的に乾かすことです。

 

スーツやズボンは、毎日洗いません。

 

洗いませんが、ローテーションしながら毎日着ます。ジーンズとか洗わないと、とってもいいニオイするときあるじゃないですか(笑)

 

キレイ好きなならば、スーツなんかはすぐにクリーニングに出すと思います。しかしクリーニングに出しすぎると、生地が傷みます。

 

できればスーツやズボンは、適度な洗濯以上は洗わずに、なるべく臭いが増えないようにしたいですよね。

 

帰宅して、放置している間に、臭いの原因菌が増殖するとニオイが増えます。それが問題です。

 

靴下や下着と違って、スーツやズボンは、着るたびに洗うわけにはいきません。

 

帰宅して、脱いだら徹底的に乾かすこと。

 

それだけが臭いを増やさないようにすることに繋がります。

全力で臭い対策!脱臭ハンガーとサーキュレーターや扇風機を使うと最強です!

 

臭い対策には、パナソニック脱臭ハンガー以外に、風のチカラを借りるとパワーアップします。

 

やったことは、

・パナソニック脱臭ハンガーをカバーなし使う

 

・衣類の外側にサーキュレーターを全力で当てる

 

 

ことです。

飲み会後のコートやスーツなどのニオイ対策として、自分がやっていたことが活きました。それは

 

1.衣類をハンガーにかける

2.屋外に出す

 

これだけです。自然の風に当てると、臭いが取れることに気がついたのです。

 

パナソニック脱臭ハンガーを使えば、ニオイが抑えられることはよくわかっているのですが、ms-dh100-kだけだとおもったよりも風量が少ないので時間がかかります。

 

実際、パナソニック脱臭ハンガーms-dh100-kでたばこのニオイを取ろうとした場合、3時間使用したくらいでは「タバコの臭いが取れた」とはお世辞にも言えませんでした。

 

そこで、サーキュレーターや扇風機をあてながら乾かせば、さらに効果が早く出るのではないかと思い、実行してみました。

 

サーキュレーターや扇風機をあてながら乾かすこと。それが思いのほか効果が高い。

 

いまでは飲み会のときに着ていったコートやスーツは、パナソニック脱臭ハンガーと、サーキュレーター(扇風機)を全力であてて臭い対策をしています。

コメント