ワンダーコアスマートの効果が高まる回数と期間はどのくらいか?

[記事公開日]
[最終更新日]2015/07/23

スポンサーリンク

bodybuilder-331670_640ワンダーコアスマートの効果が高まる回数は何回か?

さらに効果が出てくる期間はどのくらいか?効果が出る回数や期間について検証してみました。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

batterisetuyakupacketsetuyawsmartkoukakensyoujyoseikoukakikankatakorikaisyoukaisyougoods

効果出るワンダーコアスマートの期間は?

time-371226_640ワンダーコアで効果の出る筋トレ。
一般論として、誰もが効果を確実に実感するために必要な期間は最低2ヶ月は必要です。

もちろん1ヶ月以内に筋トレをしている、筋肉がついてきた!という実感を得ることも出来ます。しかし、トレーニングそのものは筋肉の破壊なので、その場で筋力がアップするわけではありません。

そのため短期間、例えば数日での筋トレ効果を得るのは、体の仕組みから考えても難しいと言っていいでしょう。

もちろん実感というものが筋肉痛であれば、話は別ですが(笑)

やはり、筋力アップして効果を実感する、効果を感じるには

○正しいトレーニング

○正しい食事

○正しい休養

この3つを螺旋状に繰り返していくうちに筋力がアップしていきます。

人間の細胞や骨の生まれ変わりは60~90日程度。

つまり誰もが感じる筋トレ効果は、2ヶ月から3ヶ月しっかりトレーニングすることで得られると言えます。

もちろん過去に筋トレをしたことがある人は、褐色脂肪細胞などが筋肉が肥大していた当時のことを覚えています。そのためこのように効果を実感する期間も短い可能性はあります。

正しいトレーニングはワンダーコアスマートで出来るとして、正しい食事と正しい休養は意外とできていないことが多いです。

なぜなら効果を早く得たいとおもうあまり焦って食事や休養をおろそかにすることが多いからなんですね。

テレビで紹介されていた、ライザッ○などで推奨されている食事方法は、完全に低糖質ダイエットの食事と一致、もしくはほぼ同じでした。

つまり糖質を制限することで余ったカロリーを脂肪にしてしまうことを防ぐというわけですね。

さらに筋力がアップしていくのと同時に基礎代謝といって座っていても寝ていても消費するカロリーが増えます。

そのため体脂肪を燃焼しやすくなるというわけです。

体脂肪燃焼と正しい休養に伴って、体にタンパク質が補給され、休養することで筋トレで破壊された筋肉が超回復します。

超回復は簡単にいえば、以前よりも強くなり破壊されづらくなるように筋肉が補強され肥大していくことです。こうしてトレーニングの効果を感じるというわけですね。

まとめますと、効果を実感するためには、

正しい筋トレ、正しい食事、正しい休養がすべてバランスよく必要である

、ということになります。

スポンサーリンク



ワンダーコアスマートで効果を実感できる回数は?

runners-635906_640これは、残念ながら人によって違いますが、だいたい8回~12回で限界になる負荷がベストです。

実は、正しい方法でやると、初心者はほんの数回で腹筋は上がらなくなります。

他のトレーニングについてもほぼ同じです。そんな理由から筋肥大に必要な筋トレの回数は、8回から12回という数字が導き出されてきます。

実は、回数も大切ですが、正しい方法できちんとした食事と休養を入れることでも効果が上がります。

適切な食事はタンパク質をきちんと11日の中で回数を分けて摂取すること。そして適切な休養は2日空けることです。

 また、筋トレ熟練者ならばワンダーコアスマートでは物足りなくなっていきます。なぜならワンダーコアスマートは初心者向けにできているからです。

active-19413_640ワンダーコアスマートは倒れるだけで腹筋が鍛えられる。そんな手軽さで筋トレ習慣を身につけるのにはもってこいのツールです。

また自分の腹筋をしっかりと意識した効果の高い腹筋を行うには、どこの筋肉に対してトレーニングを行っているのか?筋肉をしっかりと認識したトレーニングは効果が倍増します。

繰り返しますが、ワンダーコアスマートはそうした筋トレ初心者にはピッタリのツールです。

ところが筋トレに習熟した熟練者が使うのには物足りなさが残りますが、初心者がワンダーコアで効果を感じづらい場合、勢いをつけすぎて腹筋に負荷がかかっていない可能性が高いです。

そうした場合は、1回の腹筋にかける時間を数十秒に伸ばすとどの筋肉を使っているか?を感じやすくなります。

すべて1回ごとの腹筋をそういった方法でやらなくても、たった数回の腹筋を数十秒という遅い速度でやってみれば、負荷がかかるので自分の腹筋の位置がわかります。

そういうやり方で腹筋の位置を知ることができれば、筋肉の位置を意識して腹筋ができるので効果的なトレーニングが可能です。

もちろん他の部位をトレーニングする場合も同じです。じっくり時間をかけて数回やってみることで筋肉の動きや位置が認識しやすくなりますのでオススメです。

こんな記事も読まれています

batterisetuyakupacketsetuyawsmartkoukakensyoujyoseikoukakikankatakorikaisyoukaisyougoods

関連記事もどうぞ

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.