楽天モバイルの料金をシュミレーション!MNPしたらいくら?

[記事公開日]
[最終更新日]2017/07/05

スポンサーリンク

楽天モバイルにMNPしたら、スマホ利用料金はいくらになるの?

格安SIMって安くなるんでしょ?楽天モバイルは?

自分の場合、楽天モバイルならいくらになるの?

 

わたしたちが支払うスマホの月額利用料金は、だいたい7000円~9000円というデータがあります。

格安SIMにすれば、平均して3000円~4000円くらいにはなります。半分以下ですね。格安SIMでも、ダントツで契約者を伸ばしている楽天モバイルの料金を、シュミレーションしてみました。

スポンサーリンク

楽天モバイルの料金プランをシュミレーション その1 本体込みのコミコミプランを選ぶ

 

楽天モバイルは、自分の端末を使って、SIMカードを自分のスマホ端末に差し込む方法と、MNPして楽天モバイルと契約するときに端末も購入してしまう2つの契約方法があります。

 

ここではまずはじめに、端末も新しく購入する方法でシュミレーションしてみます。

 

コミコミプランの料金表 + オプション が合計の利用料金です。

【引用  楽天モバイル

 

これだけです。金額は

 

【引用  楽天モバイル

※オプションはこのあとお伝えします

 

端末もセットになっていて、わかりやすいコミコミプランですが、中身はこれだけです。

 

A.月額850円で5分までは通話し放題の定額

B.基本料(データ通信量)

C.端末代金

 

こんな人には、楽天モバイルのコミコミプランがおすすめです

 

「いま使っている端末が対応しているか不安」

 

「バッテリーが古くなってきたから端末も新しくしたい」

 

「端末セットの料金でいくらなのか、わかりやすい方がいい」

 

まずここで注意したいのは、高いプランのほうが端末の機能が高くなるということです。

コミコミプランS 1880円

コミコミプランM 2480円

コミコミプランL 2980円

コミコミプランLL 3480円

と4段階に分かれています。金額の違いは

 

●端末の性能

●データ通信量が多いかどうか?

 

だけの違いです。そのため機種の性能は気にしない方や、データ通信量は2Gくらいで十分という方は安いプランで十分です。

 

逆に端末の性能は、少しこだわりたい場合には、コミコミプランLかLLを選ぶ必要があります。iPhoneなどを持ち込みで契約したい場合には、ムリにコミコミプランにする必要はありません。

 

その他に注意したいのは、2年目はそれぞれのプランで月額1000円アップします。そして3年目になると初年度の金額プラス250円~560円程度に落ち着きます。

 

2年目の金額は

コミコミプランS 2880円

コミコミプランM 3480円

コミコミプランL 3980円

コミコミプランLL 4480円

 

となります。3年目の金額は1年目と2年目を合計して2で割った金額くらいです。

 

初年度は安いので契約しやすく、2年目は少し高くなりますが3年目にまた安くなるという仕組みです。ユーザーを逃がさない上手な仕組みになっています(笑)

 

楽天モバイルの料金プランをシュミレーション その2 SIMを購入して自分のスマホに差して使う

 

楽天モバイルは、いま自分が使っているスマホが楽天モバイルに対応している場合は、そのまま使うこともできます。

料金内訳は

●simの基本料

●通話料

です。通話料は、

 

●30秒20円

 

もしくは

●5分まで無料の定額制
(5分以上は30秒10円になる)↓


から選択します。

 

その前に、スマホ端末が、楽天モバイル対応か確認することが必要になります。また、いまお持ちの端末が楽天モバイルで使えることを前提にした場合の料金表はこちらです

 

 

通話する必要がある場合には通話simを選びます。※通話ができるsim+データ通信料が一覧になっています。

 

ベーシックプランは、低速の200Kbpsですが、使い放題です。ただしかなり低速なので、動画などは快適に見ることが出来ません。

 

ご年配の方や、お子様で最低限の通信ができればいい場合には、ベーシックプランは最適です。

 

この場合の楽天モバイルの料金シュミレーションは

 

1250円+通話料(30秒20円)

もしくは

1250円+定額850円(5分以降は30秒10円)

 

 

です。

 

 

また普段は、いたって普通に使っている場合には、3.1GBプランがおすすめです。
3.1GBプランならば、ベーシックプランのように低速にならないので、文字情報以外のネット通信も快適にできます。3.1GBあれば、かなりのハードユーザー出ない限り、追加でデータ購入する人も少ないです。

 

スタンダードな標準プランですので、迷ったらはじめはこのプランで行ってください。

 

3.1GBプランのシュミレーション↓

1600円+ 通話料(30秒20円)

もしくは

1600円+ 定額5分まで通話し放題850円(5分以降は30秒10円)

 

 

 

※050データsimは、電話番号は090や080ではなく050で発信されるため、知り合いでも通話相手に不信感を与える場合には辞めたほうがいいです。

 

番号通知は今使っている番号が出たほうが安心な場合には、通話simを選んでください。

 

対応端末ですが、ドコモ端末を使っている場合には、何もしなくて使えます。auやソフトバンクならば、対応している端末というのがわかれば、

 

1.auやソフトバンク側で、SIMロックを解除する

2.楽天モバイルにMNPする

 

という流れで契約できます。特にiPhoneユーザーは、iPhoneをどうしても使いたい方が多いのですが、iPhoneは

 

iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone SE
iPhone 7
iPhone 7 Plus

 

であれば対応しています。その他の対応しているスマホ端末は、下記から確認してください。

→楽天モバイルで対応しているスマホ端末を確認する

 

楽天モバイルの料金プランをシュミレーション その3 追加オプションを選ぶ

コミコミプランするか?あるいはSIMを差し込むだけにするか?を選んだら、オプションを選びます。

できれば端末補償は付けておいたほうがいいです。

 

あとは留守電やキャッチホンを追加するかなどを決めていきます。データシェアは楽天モバイルでは月額で100円かかります。

 

 

【引用  楽天モバイル

 

オプションを含めたこれらの合計金額が、楽天モバイルの料金シュミレーションになります。

 

いまのキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で高いと感じるならば、SIMロックを解除してMNPする価値はあります。

 

こんな記事も読まれています

LINE(ライン)モバイルでiPhoneを使う!MNP手続き&流れまとめ!

関連記事もどうぞ

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.