軽量で長時間使用も!ポケモンGOに最適なモバイルバッテリーの口コミ

[記事公開日]
[最終更新日]2016/08/13

スポンサーリンク

PokemonGOを楽しんでいる最中に、電池切れはゼッタイ避けたいですよね。

持ち運びに耐えられるモバイルバッテリーは、軽量で大容量のものがベストです。スマホの長時間使用に耐えられるモバイルバッテリーを集めてみました。

スポンサーリンク

ポケモンGOに限らず、注意してほしいこと

歩きスマホは・・なんてことは言いません(笑)それは危険は自分で取り除かないといけませんが、それよりも大事なことが有ります。それは

●発熱(熱くなりすぎること)でスマホが壊れること

です。スマホは、常に発熱しています。しかしGPSなど使用している最中は、特に発熱します。冬場ならばまだいいのですが、夏場の外出時は危険です。

高温多湿の日本です。スマホに掛かる負担は、かなり大きいということですね。

しかし、氷などを使って急激に冷やし過ぎは逆効果になります。氷などでの強制的な冷却は、スマホの内部で結露が起こりやすいです。

結露が起こるとどうなるか?

精密機械の内部に水滴が付着する可能性も高くなりスマホが壊れます。当然のことながら、精密機械は水に弱いです。

ポケモンGOのせいで内部が壊れて修理になる。そんなことは避けたいところ。

対策は、適度な時間はスマホを使わないで放置してあげることです。楽しい時間を過ごせるように、十分注意してくださいね。

軽くて長時間使用に耐えられるモバイルバッテリー

Anker PowerCore 13000

iPhone6Sなら5回程度の充電が可能。重さは250グラム程度と比較的軽め。

【ここから】

台湾への2泊3日旅行のために購入。iPhone6とレンタルしたポケットWi-Fiで使用しました。

1日目と2日目の夜にiPhoneをフル充電&Wi-Fiを充電して、3日目帰りの飛行機内でもiPhoneを充電しましたが、帰ってきて確認したらメモリ1個減っているくらいでした。

これより軽いものもあると思いますが、持ち歩きには気になりませんでした。値段、性能共に大満足です。

【出典 アマゾン】

旅行先が海外になると、電圧が変わってきます。

そのため、スマホの充電がかなり気になりますが、こうしたモバイルバッテリーがあると非常に便利です。

特に10000mAh以上になりますと、大容量の部類になってきます。充電できる回数もiPhone6sでも5回以上はガッツリ充電できます。特にポケモンGOはGPS機能を利用しています。

GPSはかなりバッテリーを消耗するので、モバイルバッテリーは必須です。

このAnker PowerCore 13000ならば、大容量ですし、1度充電してしまえばウイークデイなら1回あるいは2回程度充電すれば十分です。まれにハードユーザーだと1日1回はモバイルバッテリーを充電する方もいらっしゃます。

そこまでのハードユーザーならば、2個を順番に使用したほうが、1つをハードに使って買い換えるよりも長持ちすることが多いです。なぜならバッテリーの中身もちょっとだけ休ませるほうが傷みづらいためです。

いずれにしても、このクラスのモバイルバッテリーが3000円以下で買えるというのは、とてもありがたいです。

人によっては2個購入する人もいますので、ご参考にしてみてくださいね。

Anker PowerCore 13000の口コミを見てみましょう。

【ここから】

B社製と比較。あと小型サイズ品とも比較。

悩みましたがKindle,iphone,ipadと複数所持しているのでこの大容量品にしました。結果大正解。

昨日も急に出先で使用機会があり大変助かりました。まだ使い始めなのであとは耐久性がどうかというところですね。

【出典 アマゾン】

やはり売れ筋は、

●小型サイズ

●大容量

です。女性もスマホのバッテリーの減りを気にしている方が多いのですが、重さがあると持ち運びが大変です。

その点、250グラム程度で手のひらサイズであれば、少々の持ち歩きには耐えられます。バッテリーが無くなってしまい、待ち合わせに苦労した・・なんてこともなくなります。

耐久性に関しては、量産品特有のアタリ、ハズレが出てきます。どの会社の製品でもそこは避けられませんが、めったにないですから思い切って購入するのをオススメします。

ポケモンGOで、せっかくレアキャラ見つけたのにバッテリー切れで帰宅しなくてはいけないなんて悲しすぎますもんね(笑)

【ここから】

iPhoneやAndroidタブレットを接続してみましたが、接続したら充電開始、抜いたら充電終了。

ボタンを押す手間が無いので、とても楽です。

ボタンがあると付けっ放しにしちゃうときもありますしね(^_^;)

重量は思ったほど重くは無い(というか軽い)ので、凄いなぁと思いましたね。バッテリーって、もっと重いイメージがあったので。

【出典 アマゾン】

接続してすぐに充電が開始するのは、非常に楽ちんですね。

ケーブル差し込むときには、充電したい時のはずですので便利ですし、この方のおっしゃるようにボタンがあると押し続けてしまうこともあります。

バッグの中で放電してしまっては、モバイルバッテリーの意味がなくなってしまいますからね。

重さについては、人によって感覚が違う部分もあります。

250グラムが重いと感じるかたも居ますし、思ったよりもスゴく軽いと感じるかたもいらっしゃいます。この商品は、大容量ですが重さもそこそこですし、価格も3000円程度ですから狙い目商品だと考えてよいでしょう。

接続して

【ここから】

10000mAhの物と、コレとで少し悩みましたが、

USBポートが2つ付いており、2台同時充電出来る事と13000mAhと、大容量な事とで、こちらにしました。

私の環境では、滅多にUSBポートを2つ同時に使用することは無いですが、もしもの時の安心感は、やはり良いですね。

【出典 アマゾン】

おすすめはやはり10000mAh以上のモバイルバッテリーです。

mAhというのは、モバイルバッテリーの容量のことで、大きくなればなるほど長時間充電ができるようになります。

一方、長時間充電ができる代わりに、本体が重くなっていくというジレンマがあります。ただし、250グラム程度までなら重すぎると感じることはありません。

ポケモンGOで減ってしまったスマホ充電と同時に、iPad等のタブレットも充電することも可能です。友人とポケモンGOで盛り上がりすぎたところで、2台同時充電ができる。

せっかく盛り上がってきたのに、バッテリー切れなんて避けたいですから、2台同時充電は、非常に便利に感じられます。

熱くなりすぎたら要注意 自然放熱は時間がかかる

iPhoneを始めとしたスマホとパソコンの違いは、自然放熱にもあります。

本来、精密機械は熱に弱いです。

そのため、パソコンはファンが自動で発熱しているCPUなどに送風し、熱を逃します。ところがスマホはこの送風機能がありません。

どうするかといえば、自然に放熱してやり過ごしている状態です。

当然、バッテリーやその他のチップなどにも熱は伝導しています。外部から触って熱いということは、それなりに内部は熱くなっています。

スマホのバッテリーだけでなく、内部の寿命が短くなる可能性もあります。

対策としては

●スマホカバーを外し、本体を外気に触れさせる

●すこしの間、使用を控える

などがあります。

GPS機能使用は、確実にバッテリーが減っていく

GPS機能は、自分がどの場所にいるのか?を正確に知ることが出来る便利な機能です。GPS機能があるので、世界中でポケモンGOを楽しむことが出来ると言っても過言ではありません。

それだけ重要なGPS機能ですが、スマホ本体のバッテリーの減少を考えるとあまり良い機能ではないです。なぜなら

とにかく、スマホ本体のバッテリー消耗が激しい

つまり電池使いすぎじゃん!となるわけです(笑)。その理由はGPS機能にあります。スマホでかなり正確な位置情報を知るためには、常時しながらで居場所を把握していないといけません。

つまりスマホがずっーっと頑張っているために、バッテリー消耗が激しくなるわけです。

では節電モードにすればいいじゃん!となるわけですが、そうも行きません。なぜなら・・・

スマホによって節電、節約モードを使用するとGPSが使えない

スマホの機種によっては、バッテリーの節約モードを使うと、GPS機能が停止することがわかっています。(どの機種なのかは、結構あるようなので特定はご自身でお願いします)

節電モードにするとGPSが使えない→使われると節電できない

ということです。つまりGPS機能は、バッテリー消費が激しいということはマチガイないことが分かります。モバイルバッテリーを上手に使ってpokemonGO楽しんじゃってくださいね。

 

 

関連記事もどうぞ

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.