LINE Musicオフライン再生機能!キャッシュ保存でパケット通信料の心配無し

[記事公開日]
[最終更新日]2015/08/08

スポンサーリンク

musician-664432_640LINE Musicにオフライン再生機能がつきました!

アンドロイド版に続きiOS版も対応可能となり懸念されていたパケット通信量は心配なくなります。LINEMusicのキャッシュ方法と曲の削除の方法をお伝えします。

スポンサーリンク

とうとうLINE Musicにオフライン保存、キャッシュ機能がつきました。

guitar-814957_640キャッシュによって、500曲の再生が可能になりました。

LINEMusicはパケット利用料に注意!と言われていましたが、これでパケットの心配をすることなくiPhoneやスマホで音楽を楽しむことが出来ます。

もちろんWi-Fi接続していないと、パケットを消費してしまうので

○Wi-Fi接続時のみキャッシュする

○ストリーミングを許可する

の設定をしておくほうがいいでしょう。そのあたりもこの後ご説明いたします。

ところが、1点の注意点があります。LINEMusicの公式HPによれば

オフラインで聴くことができる期間は、最後にオンラインで再生してから最大7日間です。

出典 http://music-mag.line.me/ja/archives/36584909.html

とのこと。

つまり、オンラインで再生してからキャッシュ(保存)ができるのは1週間だけということになりますね。

このあたりは好きなアーティストのアルバムを長く持ち歩いて聴きたいという方にとって、1週間でクリアされてしまう。

それだとまたキャッシュの手間があるので、期間を伸ばす、あるいはなくしてもらえたらいいのになぁ・・と感じます。

おそらくアンドロイド版でそうした形になるからには、iPhone版も同じになるはずですので、いずれにしてもユーザーからは期間変更の希望が出た上で対応が変わることを願います。

スポンサーリンク



LINE Musicのオフライン保存、キャッシュと楽曲の削除方法 【iPhone版】

 【LINEMusic】→【楽曲を選択する】→【楽曲の中のメニューを選択する】→【キャッシュする】→【キャッシュしますか?の画面でキャッシュを選択】→ 【キャッシュ完了】

 ※アンドロイド版は既にオフライン保存ができるキャッシュ方法が出ています。下記から確認と設定ができます。

→http://music-mag.line.me/ja/archives/36584909.html

こちらではiOS版に対応するまでの設定のご説明をします。iPhone版のキャッシュ方法そのものについては下記からご覧ください。

LINEMusicのキャッシュ保存の設定については

【楽曲の中のメニューを選択する】→

kyasyu1

【キャッシュする】→

kyasyu2

【キャッシュしますか?の画面でキャッシュを選択】→ 

kyasyu4
で設定します。
キャッシュできていれば、その巨躯をキャッシュしようとするときのボタンが、グレーに反転してタップできないようになっています。一目でキャッシュが確認できるようになっています。
kyasyu5キャッシュの削除方法
キャッシュし過ぎると、そろそろ曲がiPhoneにおなかいっぱいになってきたので削除したい!となると思います。

キャッシュの削除方法は、LINEMusicのトップメニュ-の中から、【マイミュージック】→【オフライン再生】→【もっと見る】をタップしていきますと画像の画面になります。

kyasyu6ちょっと見づらいのですが、上記画像のオフライン再生のすぐ下にある【編集】をタップしますと赤い削除ボタンが下部に出現します。

楽曲を選択して削除ボタンをタップしますと削除完了です。

2015-07-14 09.17.14

※下記は過去のキャッシュの方法です。

【LINEMusicアプリ】→

line11

ホーム画面からLINEMusicのアプリをタップして立ち上げてください。

【トップ】→

line22トップ画面の左上をタップして設定画面へ進みます。

【設定】→

line33一番下の設定をタップして進んでください。

【プレイヤー設定】→

kyasyu4プレイヤー設定をタップすると、後ほどいくつか設定するべき項目が出てきます。

【キャッシュの設定】

kyasyu1キャッシュの設定をオンにします。(緑色に反転すればオンです)

その他にもいつくか重要な設定がここではあります。ご注意ください。

【モバイルデータ回線時にもストリーミング再生を許可】

kyasyu3

これをオンにしてしまうと、Wi-Fi接続していない時にも音楽をストリーミング配信してOKという設定になります。

それだといままでと同じくキャッシュせずにストリーミング配信を延々としてしまうのでパケット通信量はすぐに上限へと達してしまいます。

あくまでキャッシュ(本体に一時記憶)させて再生するというのが、LINEMusicでは必要です。ストリーミング配信はWi-Fi接続時のみにしましょう。

【ネット環境に応じた自動設定】

lie3人それぞれネット環境が違います。Wi-Fiに常時接続できる方もいらっしゃれば、そうでない方もいらっしゃいます。

音質をあまり気にされないようでしたら、【音質-低】を選択しておくとよいでしょう。音質が低ということはそれだけパケット通信量も少なく、ダウロードスピードも速く済みます。

Wi-Fi接続していれば関係ないので、キャッシュするときには必ずWi-Fi接続環境を確認して【音質-高】を選択するという方法もあります。

いずれにしてもめんどくさい方は【音質-低】の選択がよろしいかと思います。

【キャッシュの設定】
【Wi-Fiでのみキャッシュを設定】

line1まずキャッシュの設定をオン(緑)にしてないとキャッシュさせることが出来ません。

また、Wi-Fiでのみキャッシュを設定にしておけば、間違ってモバイルデータ回線でのキャッシュ(ダウロード)でパケットを大量消費することもありません。

この2つをオン(緑色)にしておくことをオススメいたします。

※モバイルデータ回線時にもストリーミング再生を許可をオフにしておくことでもパケットの大量消費は避けられます。

 

関連記事もどうぞ

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.