マイナンバー制度とは何か?いつから?気になる疑問やデメリットを徹底検証してみた

[記事公開日]
[最終更新日]2016/08/07

スポンサーリンク

マイナンバー制度を簡単に誰もがわかりやすく。

そんな解説してくれるところってまだまだ少ないです。2015年10月通知カードが届く予定のマイナンバー制度。まだみんな存在すら知らない人も多いですね。

わかりやすい解説がないなら自分が調べちゃえ!というわけで、いろいろな疑問質問を調べ見ることにしました。

スポンサーリンク

Contents

こんな記事も読まれています

>>マイナンバー制度をわかりやすく、かんたんに説明

>>マジすか(汗)マイナンバーが源泉徴収票に記載!

>>子供の身長を伸ばすサプリメントと食事はこれ

マイナンバー制度のQ&A

マイナンバー制度のQ&Aを集めてみました。

Q.マイナンバー制度ってそもそもなによ?

A.社会保障と税、災害時に役立てるための制度です。

hands-460865_640

逆に言えば、この「社会保障」「税」「災害時」以外でマイナンバー制度を利用することは現行法律上、できないということです。

本当に社会保障と税と災害時だけに利用するの~+??と思われる方も多いかもしれません。

それはそうですよね。国民だけでなく国側にもメリットがないことを国はやりません。

将来的にはあなたの通帳とマイナンバーがすべて紐付けられることとなっています。まあそりゃそうだろうな・・そうならない理由はないよな(汗)と思います。

girl-690614_640ちなみに、社会保障というのは、国民年金、厚生年金、雇用保険、児童手当、生活保護、介護保険などを指します。

これらそれぞれの管轄で管理していましたが、なにしろ不正が多い。さらに適性な運用ができていない事があります。

それらをマイナンバー制度で一括管理することで、管理側のメリットである事務作業の煩雑さ→簡素化は最大化します。

一方、国民側は・・不正を行う人が減るというメリットがあります。真面目にやっている人がメリットはあまり感じづらいですね。

逆に、いままでそれら不正を放置していたほうが行政上の問題だと思いますが、ここからしっかり変えていただきたいものです。

Q.どんな役に立ってくれるのかしら?

A.社会保障や、税や災害被災時の迅速な手続きなどに役立ちます。

cat-334383_640国民年金は、国が主導して納付促進をしてきたにも関わらず納付率は6割程度。4割は、わけあって支払えない方たちと、納付を拒否している人たちで占められます。

つまりこの納付をきちんと挙げてもらうためにはどうしたらいいか?

ここで年収や個人の税情報が役立ってきます。役立ってくるというのは、まじめにやっている方たちが損をしないという意味です。

税金をきちんと支払える、生活には困っていないにもかかわらず国民年金を納めていない。あるいは生活保護を受けているなどの不正が多々ありました。

いままで一部の地方自治体や官庁で別々に管理されていた個人のすべての情報がデータベースとなって管理されます。

それはつまりメリットとは相対的に、年収、税、年金の納付状況、生活保護受けて良い人なのかどうか?すべてが筒抜けになるいうことを意味します。

macbook-336704_640もちろん災害時には、避難場所や被害や怪我の状況を迅速に把握するのに役立つことでしょう。行方不明者や見つからなかったと思ったら意外と近くに居た!なんてことも無くなりそうです。

われわれ国民にとっては悪いことばかりでもなさそうですが、なんだか釈然としない方も多いのも事実ですね。

Q.・・でマイナンバーはいつからなのさ?

A.マイナンバー制度は2016年の1月から運用開始です。しかし、2015年の10月から通知カードは送付開始となっています。

流れは

1)2015年10月に通知カードが住民票の住所に届きはじめる

2)市区町村に番号カードの発行申請を行う

3)番号カードが2016年1月から届き始める

です。住民票の住所へは簡易書留で通知カードが届きます。

それにしても思うのですが、簡易書留で送ったとしても、到達率は100%にはなりません。なぜなら選挙の投票用紙の交換用紙でも100%にはならないからです。

お年寄りが介護施設に入っていて、家を開けている場合は?家族が同居していないケースも有るわけでこのあたりはどうなのか?気になるところです。

住民票の住所に届くわけですから、住所変更していなければ寝起きをずっとしている居所、現住所には絶対に届きません。

つまり、簡易書留で本人不在で受け取りができないケースはかなりの数になると考えられます。

このあたりを考慮すると、2015年10月には郵便事業者の郵送、郵便、配送業務の混雑が予想されます。あとは市区町村のマイナンバーの対応窓口も混雑する可能性がありますね。

郵便事業者は通常の郵送、郵便、配送業務に影響が出ないことを祈ります。

ちなみに、通知カードはただの紙です。

ICチップなどは入っておらず、写真もついていないので公的な身分証明書にはなりません。一方、2016年1月から交付される番号カードは、写真付きのプラスティック製のカードです。

個人番号カードは、写真入りの公的な身分証明書になります。

番号カードの交付には市区町村の窓口に出向く必要があります。そのときに必要になるのは身分証明書と通知カードの原本です。

2015年10月ころ届いた通知カードを、番号カードの交付時に交換しなくてはいけません。

スポンサーリンク



Q.どんな流れで何をしたらいいのよ?

A.通知カードが来るまでは、何もする必要はありません。

man-641691_640われわれ一般市民は、2015年10月に簡易書留で通知カードがくるまでは何もする必要はありません。

通知カードが来てからやることがあります。それは番号カードの交付です。番号カードは市区町村に発行手続きを行うと発行、交付されます。

方法は

1)返信用封筒で申請する

2)スマホのQRコードで申請する

の2通りがあります。若い方はスマホで行えばすぐに完了します。番号カードには写真が付きますが、このスマホで送った写真が個人番号カードに入るのでイケてるやつを送ることをおすすめします。

ちなみに、通知カードの有効期限は一般の成人でパスポート並みの10年です。20歳未満の方は5年です。(若いと成長で顔が変わる可能性があるので)

ですので一度ヘンテコな写真にしてしまうと5年、もしくは10年は交換出来ません。

Q.通知カードをなくしてしまったらどうなるのかね?

A.まずはコールセンターに電話をして、再発行手続きをします。再発行手数料がかかります。

71umJV16nRL._SL1000_発行手数料が1000円もかかるのか・・。たしかに銀行のカードなくしてもそのくらいとられる気がします。しょうがないかな。。

Q.マイナンバーが気に入らない番号だったら変えてほしいんだけど?

A.番号の変更は出来ないとのこと。

photographer-407068_640いやーこれってどうなんでしょうね。

今日現在、車のナンバーだって好きな番号に変更できるのにマイナンバーはできないってのもちょっとどうかと思いますが。。

たしかに国民みんなが、自分のマイナンバーの番号変えたい!とか言い始めたら、キリがないですよね。仕方がないと言えばたしかにそうかなぁ・・。

Q.現在、海外で仕事をしているんだけどマイナンバーは渡されるの?

A.住民票がある場合にのみマイナンバーが発行されます

reading-glasses-600647_640たしかに住民票がある市区町村から通知カードが発行されます。

ですから、海外赴任していたり、長期出張で日本に住所がなければマイナンバー通知は送られててきませんね。

ちなみに、日本に帰ってきたら住民票ができますからマイナンバーが付番されるとのこと。

さらにまた海外赴任、長期出張で住民票がまたなくなった場合は一度付番されたマイナンバーが再利用されていくそうです。

つまり、一度付番された番号は余程のことがない限り変更されない、ということになりますね。

「余程のこと」っていうのはマイナンバーが漏れてしまって被害が及ぶ可能性があるときのようです。うーん。。被害が及ぶ可能性があるときってなんだか曖昧で抽象的だな。。

Q.DV被害などを受けていて通知カードを受け取る方法がなくて困ります

A.そういった場合に限って通知カードの送付先を変更できます。

despair-513529_640たしかにDV被害を受けられている方たちは、住民票の住所を誰にもわからないようにして息を潜めて不安な生活をしてらっしゃいます。

安全が護らえれないのであればマイナンバーの意味はありません。

この制度のせいで住所が漏れてしまってまた被害が・・なんてことにならないようにシていただきたい思います。

まだまだ認知されていないマイナンバー制度

hunger-413685_640マイナンバー制度の認知度は少々上がってきました。これで本当に大丈夫?と思うほど、本当にみんな知りません。

政府広報オンラインによれば2015年1月には

・マイナンバー制度の認知度
・マイナンバー制度に対する懸念
・懸念事項への対応
・マイ・ポータルの認知度
・個人番号カードの機能への期待
・法人番号の認知度
・マイナンバー制度に対する期待

これらに対しての調査を行ったとのこと。そもそも重要なのは認知度です。利便性がなければ認知度など上がるわけもないですよね。2015年1月時点での調査結果で認知度に該当する箇所は

○マイナンバー制度の内容まで知っていた
→約28%

○言葉は聞いたことがある
→約43%

○知らなかった
→約28%

とのこと。内容まで知っていたと言う30%以外の約70%の方は、言葉は聞いたことがある程度。そして知らなかった、という方ばかりです

つまり7割の方は何をするか知らないという調査結果となりました。CMも増えていますが、観ているだけで理解が出来ないお年寄りも多いでしょう。

また共働き家庭では、テレビを見る時間もかなり少ないので周知が難しいです。

むしろ仕事場では、年末調整のために扶養控除申告書などにマイナンバー記載をしなくてはいけません。そこで知るほうが多い可能性がありますね。

マイナンバー制度の流れは

hands-460872_640前述にもありますが、マイナンバー制度の流れは

1)通知カードがまず家に送付されて、

2)個人番号カードの発行申請をして

3)通知カードと交換で個人番号カードを交付される

という流れになります。特に心配なのがお年寄りです。

通知カードはまず簡易書留で自宅に送付されます。
しかしわけがわからないまま受取拒否するお年寄りも出てくるでしょう。

また、新手の詐欺と間違って、通知カードを捨ててしまうお年寄りも出てきそうですね(泣)正直なところ、このマイナンバー制度に絡んで詐欺を働こうと仕組みづくりをする集団は例のごとく出てきそうです。

もちろんマイナンバー制度を悪用したら法律で罰せられます。管理がしっかりできていない事業者も罰せられます。

また、マイナンバーを知られたからといって、すぐに被害が出るわけではありません。しかし、年金番号の流出、漏洩事件のときもそうでしたが、

○年金番号が漏れたので確認のため口座番号が必要・・

○年金番号が漏れたので他の情報も漏れる可能性があるので手続きが・・

など、マイナンバーにからめて致命的な個人情報を漏洩させることをする可能性は高いと考えます。国民のためのマイナンバー制度のはずが、お年寄りが被害にあってしまうのでは本末転倒です。

これらを防止するべくしっかりとした周知と徹底的な防衛対策をお願いしたいと願います。

こんな記事も読まれています

【関連記事】

→マイナンバー紛失時の再発行期間!番号記載の住民票なら即日対応可

>>マイナンバー制度をわかりやすく、かんたんに説明

関連記事もどうぞ

1件のコメント

  • なな

    みんなマイナンバーについてよく知らないのだと想う。今日だって、まあ、脱税、いわゆる普通の有名人?もこういっちゃなんだけど、茂木健一郎さんですら、それこそ、何億単位の脱税をしたとか!? 今日もAKBの事務所の人が?脱税したのか。それこそ、赦されない。 過去にはNOVAやらば、最近でもいろんなことで強豪なことで全国的に有名な!?大阪桐蔭で校長の不祥事が起こりました! 大阪桐蔭の生徒は余分にはらっていたお金を戻してもらったのか!? 心配になり、そういうことを防ぐのに確かに必要です。 けど、今のようなめちゃくちゃな状態での政府のやりたい放題でのマイナンバーはあってはならない。本来夫婦で2000万円<これもどうか?って思うけど・・・?>1000万 円にみたなくても、配偶者が税金を払えば、世帯分離<これは仕事関係者や経験者ではなかなかわからないかもしれないけど、経験者で間近で介護を見てきた私だからよく?わかります!! 少なくとも8月の介護大改悪をみるとそう想うのです!! つまり少し昔?数年前?の日本とも違うのです! 最初に民主党がマイナンバー制度を始めたときよ…りも、めちゃくちゃなことを政府がやっているのに、そんなやつらの家畜になる必要があるでしょうか!? みんな中身を知ったら、もっと憲法9条の改悪やらば、新国立競技場の反対やら、<消費税だって国民は簡単には増税させなかったけど、社会保障という言葉にまんまと騙されて、最後には新聞も思えば、おかしくなっていて、社会保障がいい加減なのに 、新聞はほんの数年前は増税大反対だったのに!?一度8%に国民が騙されて、社会保障は改悪されているのに、増税、税負担はしょうがないモードで情けない!! でも、事実を知ればみんな怒るに違いない!と想う。みんな福祉関係の人ですら?社会保障の薄さや政府のひどいやり方に気づかない鈍感な人が多すぎる!! なぜにみんなそんなにお金に疎くなれるのか!?けど、介護のことだって、マイナンバーだって、自分が弱い立場だったり、よほど興味のある人でなければ、積極的に調べなかったり、新聞などをみてもスルーしてしまいがちで、<母親ですら、介護改悪をよくわかっておりません!> もっと国民にひどいことをやっている、セキュリティーはあれだけ頑丈であればまあ問題ないのでは! ? それよりも今ひどいことをやっている政府の家畜、監視が強まり、政府が想うように明らかにおかしいことをやる。 生活の糧のために副業をしている人なども、職場などのきまりごとで、<そして本来赦される目をつぶれる、税金の対象にもならないせいぜい月一万円程度の手取りの給料する赦されない!? 手取りでもらうのは、ごく少数で見逃せる額だからなはずだ。 今までは市役所が把握していても、自己申告しても目をつぶれる額だった。けど、今後はそうはいかない。生活のためにわけありで副業している人も副業がばれて、職場にいられないということが生じる。みんなで拒否する権利があるはずだ。今、すでに政府はめちゃくちゃな非人道的なことをやっている。そういう政府にいい想いをさ せてはならぬ。

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.