LINEミュージックサービス開始!料金はいくら?通信量と音質はどうか?

[記事公開日]
[最終更新日]2015/09/03

スポンサーリンク

dance-club-736374_640アップルミュージックとも比較!
LINE MUSIC ラインミュージックが開始されました!

・・と言いたいところですが、口コミやレビューからは通信量と電池消耗について気になるご意見が・・。自宅や外出先のWi-Fi環境や電池消耗。

あとはアップルミュージックと比較して毎月の金額とのバランスを考える必要がありそうですね。Wi-Fi接続についてもいろいろ調べてありますのでご案内いたします。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

jyosei>>子供の身長を伸ばすサプリメントと食事はこれ

LINEミュージックサービスで最大限注意するべき点

大事なポイントはWi-Fi環境とパケットデータ通信量を意識すること。

そして、再生はストリーミングでは行わず、スマホにキャッシュ(保存)させて再生します。

これで圏外でも聴くことが出来ます。これについては文中にてご説明しています。

※追記 →LINEMusicにオフライン機能ができました。アンドロイド版に引き続きiPhone版がリリースされるとのこと。懸念されていたパケットに関して安心して使えるようになります。

もしかして、自分が毎月利用できるパケット上限をすぐに消費してしまい、通信速度が劇的に遅くなっていませんか?

パケット消費してしまう問題がある方は非常に多いです。

WiMAXは外出先でも定額制でパケットをあまり気にせず使えるので外出先でも使えて安心です。

管理人の一人暮らしの友人は、金額が変わらないからということで、ネットを引かないでこれ1台で完結しています。そういう使い方もあるんだなぁ・・と感心しました。

聞いてみたら意外と管理人の友人たちもそういう使い方をしていたりします。

固定電話ひかないで携帯だけというのは、今の時代普通です。将来的にはネットもそうなるかもしれませんね。

AppleMusicについて

apple-256266_640AppleMusicは2015年6月30日(日本時間の7月1日より)サービス開始されました。

金額は9.99ドル(ファミリーは14.99ドル)ということですが、LINEMusicは1,080円ですから、日本円換算しておなじく、1,000円程度となる可能性が高いですね。間違いなくサービスは開始されるでしょう。
※追記 金額は980円、ファミリーは1480円です。

ただし、サービス開始するためには、デバイスのiOSが8.4になっている必要があります。

【関連記事】
→AppleMusicはオフラインでスマホに保存設定!パケット料関係なく使える

7月1日0時にiPhoneなどアップルのデバイスのバージョンアップ可能になります。準備して待ちましょう!

 

パケット通信の節約や無駄遣いの回避方法は文中にてご案内致します。

 

LINEミュージックの料金は?学生は安くなるの?

equalizer-153212_6402015年6月開始となったLINEミュージックですが、2015年6月現在、150万曲聴けます。


料金は学割がきいて月に20時間聴き放題で月額は300円から。通常契約は、やはり月に20時間再生し放題で、月額500円。

プレミアムプランとなる時間無制限での契約は、学生が月額600円。通常契約は月額1000円です。(iPhoneのストア内で購入すると1080円です)

iPhoneの場合

d87936e3-s

アンドロイド端末の場合

96008c62-s引用 http://music-mag.line.me/ja/archives/30322075.html

スポンサーリンク



LINEミュージックの口コミレビューを検証

LINEミュージックのアプリ内にあるレビューから、実際に利用した方の感想などを管理人が読んでみて検証しました。

通信量と電池消耗がヤバイ(汗)

batteries-364217_640実際にLINEミュージックを入れた人の口コミレビューです。

データ通信量に驚きました 屋外で4,5曲聞いたただけで通信量300MB超え。。。怖くてWi-Fi無しでは起動できません。これは想定内ですか?

引用 http://music-mag.line.me

ワオ(汗)

4,5曲で300MB超えですか。たしかにまずいですね。パケット通信上限の7Gを超えると激遅になるので気をつけたいところ。これは日本でもサービス開始される予定のアップルミュージックも同じストリーミング配信です。

人によってはパケットデータ通信の契約上限が2Gとか3Gとか言う方も多くいらっしゃると思うので、ここは注意しないといけませんね。

パケット通信の節約や無駄遣いの回避方法は文末にてご案内致します。

あと、4GLTE(通信速度が速い契約)の方でも時々曲が切れてしまうらしいのも注意です。Wi-FiやBluetoothはオンにしていると接続していない時でも電池消耗が激しいです。

battery-27606_640

通信が継続している最中はやはり電池消耗が半端ないのでスマホのバッテリーを持っていかないと外出できないかもしれません。

そもそもスマホのバッテリーは消耗が激しいのでめんどくさいですが1つくらい持って行くのがよろしいかと。。。アマゾンなら3000円くらいからありますので、ご参考までに。

>>iPhoneモバイルバッテリーの選び方<<

ちなみに、再生するときに音質を落とせば通信量もかなりマシになるという方もいらっしゃいました。

日本の携帯電話の約半数が入っているLINEなので最初の頃と同様にLINEミュージックも若干サーバーダウン気味なのでしょうか。つながりづらいというご意見も多いです。

つながりづらいのは

○ご自身の通信環境の問題

○LINEのサービス(サーバー)の問題

がありますので実際に使ってみないとどうとも言えません。

無料期間もありますので一度使ってみてどうか?

ラインミュージックはとても良いサービスだと思いますので、とにかくレビューだけに煽られないでいただきたいところです。

しつこいですがアップルミュージックもストリーミング配信で同じなので、LINEミュージックの動向によっては影響が出てきそうです。

冷静なご判断が必要ですね。

LINEミュージックの曲数 150万曲について

musician-664432_640曲数については150万曲とのこと。

アップルミュージックが定額制ストリーミング配信9.99ドル(980円程度)で3000万曲という触れ込みから考えるとちょっと少なめな気がします。

自分が好きなアーティストがそこそこ入っている方のレビューは満足度が高いのですが、自分の好きなアーティストがあまり入っていない方のレビューはかなり不満度高めです(汗)

どうやら年内に500万曲に増やすという話も出ているようですが、自分が好きなアーティストが入っているかどうか?が分かれ目となりそうですね。

LINEミュージックの音質について

finger-769300_640どうしてもアップルミュージックとの比較になってくると思うのですが、アップルミュージックの音質は256bpsです。音質としてはCDまでは行かないものの、ストリーミングとしてはかなりいいほうです。

ところがあまり音質が良いとパケットデータ通信量がかかります。ご自身のデータ通信量上限にいってしまう可能性があるのでマメにチェックする必要がありそうです。

で。

LINEミュージックの音質評価に関しては、これもやはり人によりけりです。Wi-Fi環境で主に聴いてらっしゃる方は満足度が高い傾向があります。

音質は良い場合はあまり話題になりませんが、少しでも悪いと不満は高くなる傾向があります。口コミレビューから見ると、残念ながら音飛びや雑音などが入ることもゼロではないようです。

Wi-Fiがない外出先などの利用の方は不満が高い傾向がありました。

Wi-Fiに関しての解決方法は、本体にキャッシュ(保存)することです。

しかしながら外出先で動画を検索しているうちにこれ見たい!と思って見ていたら自分が使えるパケット量をすぐに消費してしまいます。

使い切ると劇的に遅くなってしまい、月が変わるまでガマンの日々・・ということもあります。解決方法は追加でパケットを購入することですよね。

そういった場合、外出先でもパケットをあまり気にせず使える下記のようなWiMAXが非常に便利です。メリットはかなりあります。

・契約後、すぐにネット接続が出来る
(機器があれば当日開通)
・外出時のパケットをほぼ気にしなくていい
・友人や知人たちと同時接続して使える
・家はこれ1台で完結することも可能
(引越時も外出時もラクチン)

家でネットを引くのが手間だったりする一人暮らしの方や、外出時に動画や音楽などをガンガンダウンロードするような方にはピッタリです。

 どうしても悪い評価は目立ちます。

なんでもそうですが、良いことよりも、ちょっとの悪いことのほうが目立ちます。

口コミもそうですね。1つ悪い評価で10個いい評価でも1つの悪い評価が注目されます。無料期間もあるので、ご自身の冷静なご判断をお願いしたいところです。

パケットデータ通信量の節約方法 対策はキャッシュさせること

20150611094307節約と安定的な再生方法はキャッシュさせることです。

【新機能】LINEMusicでキャッシュさせる方法は下記からご覧ください。

LINEMusicにオフライン機能を使って曲を本体にキャッシュさせる方法

節約させるためには、一度スマホにキャッシュさせてしまえばOKです。これでかなりの節約になります。

キャッシュというのはスマホに曲を覚えさせることです。一時的にダウンロードさせるという感じです(笑)つまり、通信しながらの再生は外出時は避ける、ということですね。
設定方法はラインミュージックアプリの

プレイヤーの設定

キャッシュの設定をオンにする

143この後の画面で、

①キャッシュをオンにしたら、

②「Wi-Fiでのみキャッシュ」をオンにして設定

することが大事です。①、②必ず行ってください。そうすればWi-Fi環境以外でダウンロードキャッシュされることはなくなります。Wi-Fi環境ならばいくら使ってもパケット通信量は消費しません。

家や無料接続ができるWi-Fi環境でキャッシュさせて、それを再生するということですね。

この時の設定などで重要なこと。それは一度読み込んだ曲を最後まで聞いたらキャッシュされます。やり方は下記です。

 ※追記 LINEMusicに簡単なキャッシュ機能が付加されました。ここまでの作業を済ませて下記からご確認ください。

>>LINEMusicのオフライン再生機能とダウロード保存して再生するためのキャッシュの設定方法

プレーヤーの曲の再生バーを曲の最後まで持って行ってください。

2015-07-12 18.16.52そうすれば再生されたことになり、ダウロードが完了するのでキャッシュが完了します。

【※注意】Wi-Fi接続でも数十秒は時間がかかります。キャッシュできたかどうか?はWi-Fi接続をオフラインにする、あるいは機内モード(圏外)にしてみて曲の最後が再生されて聞けたらOKです。

キャッシュ方法まとめ

パケット通信の節約方法としては、

○家などのWi-Fi環境でキャッシュさせる

○外出時にはキャッシュしたものを聴く(外出時にはキャッシュ、あるいはストリーミングしない)

 ただし本体内にキャッシュさせるわけなので、本体の容量がいっぱいになる前に削除する必要がありますのでご注意ください。

こんな記事も読まれています

wsmartkoukakensyou

関連記事もどうぞ

2件のコメント

  • ななし

    一番右に持って行けばOKってかいてありますけどそれ音量調節バーですよ・・・

    • dx

      ありがとうございます!

      ミス訂正いたしました。

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.