LINEMusicの評価と口コミ!レビューから見えてくるものとは?

[記事公開日]
[最終更新日]2015/07/16

スポンサーリンク

kyasyu4LINEMusicが開始されて使い方にも慣れてきた頃ですね。

オフライン再生機能も追加。ますますシェアしやすくなって来たところです。

高評価、低評価いろいろある口コミや評価、レビューをおまとめしてみました。

スポンサーリンク

LINEMusicの評価と口コミ レビューから見えてくるもの

cute-15719_640

結構使えるかも!聴きたい曲とかも検索して探せば見つかる、いいね!

出典https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.linecorp.linemusic.android&hl=ja

好きな曲も入っていて、無料だから超嬉しい!

出典 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.linecorp.linemusic.android&hl=ja

ダメダメダメ BUMP OF CHICKENオルゴールしか入ってないから評価1。[Alexandros] だけじゃ足りない。

出典 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.linecorp.linemusic.android&hl=ja

本当にこんなかんじでかなり評価が二分されている印象を受けます。

その理由は「聴きたい曲やアーティスト」がいるかいないか?

です。すごくいい!というご意見は自分がフルローテーションで聴きたいアーティストや楽曲がLINEMusicに入っていた場合です。

逆のご意見は聴きたい曲やアーティストがほとんど居ない方。

lead-singer-455750_640残念ながら邦楽アーティストの人数や曲数のボリュームは、誰もが満足できるほどではない、と言わざるを得ません。

2015年末までには500万曲に増える計画があるとのことですが、聴きたいがないとなかなかお金を払ってまで継続する人は少ないと思いますね。

日本人アーティストは定額制で聴いてもらう必要がないことが多いからとも言われています。

CDを売ったほうがアーティストや事務所はいい選択だと考えているということですね。

邦楽の若手のアーティストたちは結構入っていることもあるのですが、中堅どころや大御所アーティストはほぼ居ません。

LINEMusicがどうというよりも、邦楽、日本人アーティストの戦略上、定額制音楽配信サービスそのものがまだ日本に浸透していないということだと考えます。

音楽業界が活性化していない現在。今後の流れによっては定額制音楽配信が主流となることもあるはずなので、その時にはどんなアーティストも聴けるようになると考えます。

スポンサーリンク



最高!あんま売れてない曲は入ってないけど、良い!でも高い。もっと安くして欲しい

出典 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.linecorp.linemusic.android&hl=ja

お気持ちはわかります(笑)

しかし残念ながら、それでは音楽業界も大好きなアーティストさんも生きていくことが出来ません。。

月額を考えると楽曲が自分のものにならないのに、お金を払い続けるという行為はなんだかもったいないという気持ちになる方もいらっしゃると思います。

とはいえ。

いままで聴かなかったアーティストさんとの出会いのチャンスではありませんか?

guitarist-768532_640そういう考えも口コミレビューの中にはありますし、管理人もそう考えるところはあります。

聴きたい邦楽、日本人アーティストが増えるとなるとおそらく現状の金額では難しいでしょう。

となれば、定額制の手軽さやメリットの意義は薄れ、CDを1枚ずつ、楽曲を1曲ずつ購入する過去へ元通りとなります。

まだ日本ではその意識が強いのかもしれません。また、ネットで探せば何でも無料でダウンロード出来てしまう現状もあります。

それに慣れてしまってきた我々にとって、定額制音楽配信サービスは、まだまだ浸透が足りない気もしてきます。

musician-349790_640

通信量が はんぱないですね。。。改善するような記事を読みました。

まだ無料期間中ですが本契約考えてますので早急にお願いします。それから、複数の端末で利用できるようにお願いします。

//オフライン再生機能ありがとうございます。ついでに言いますと一曲ずつキャッシュはめんどいです。プレイリストごとキャッシュ出来るように設定変更お願いします。

出典 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.linecorp.linemusic.android&hl=ja

 

なるほど。鋭いご指摘ですね(汗)

通信量がネックだったラインミュージックですが、個々に来てキャッシュ機能が充実し、本体に保存した楽曲を持ち歩いて聴くことが出来るようになりました。

なのでWi-Fi環境さえ整えば、たくさんの楽曲をダウンロードして楽しむことが出来ます。

ところがやはり楽曲の数、とくにLINEMusicの利用者様は邦楽ファンが多い印象があります。

そのため、邦楽の数が少ない現状には満足しがたいというご意見も多くあります。

ネットラジオやBGMのように楽曲をただ流しているだけの目的でしたらすごくいいサービスだと思うのですがいかがでしょうか?

headphones-690685_640実際、そういう使い方をされている方も多くいます。しかしそれではAppleMusicのほうが楽曲数も多く競争に勝てません。

LINEMusicは、LINEを活用しシェアやプレゼントなどが可能な、すごくすばらしいサービスだと思います。

一方、ご利用者さん(管理人含む)は無料に慣れてしまっている。

この現状はすでにLINEMusicというサービスを超え、定額制音楽配信サービスをさらに超えてアーティストやアーティストさんを取り巻く業界にとっても大きな課題かと思います。

なぜならこのまま行けば、少子高齢化が進みます。

girl-140569_640さらに、楽曲は芸術活動の貴重な生産物であるにも関わらず、音楽は無料が当たり前、などの非常識な常識が一般化しつつあって、いまのままでは音楽業界は縮小する一方だからです。

このサービスを広めていただくためにも、邦楽アーティストを何とか口説き落としていただく。

あるいはビッグアーティストがLINEMusicなどの定額制音楽配信サービスに活動範囲を広げるなどしていただけたらなぁ・・とない頭を使って考えます。

今後の定額制音楽配信サービスにも注目していきたいと思います。

関連記事もどうぞ

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.