美人は覚えてもらいやすい!記憶力を鍛えるための脳記憶のメカニズムを解剖してみる

[記事公開日]
[最終更新日]2015/07/05

スポンサーリンク

たった今勉強したこと。1時間後には何%覚えていられると思いますか?

脳の記憶には種類があります。そして記憶には段階を経て定着していくメカニズムがあります。エビングハウスの忘却曲線はそれを数値で表してくれています。

スポンサーリンク

私達が意識して使っている脳はほんの一握りです。一般的な人は、脳のほとんどを使えていないのが現状でしょう。誰もが羨むような記憶力を鍛える。そのためにまずは脳の記憶のメカニズムを知ることです。意識することができない自分の脳。その脳をいい意味でだますことができれば記憶力を高めることも出来ます。

脳の記憶力強化トレーニングの方法はこちらの記事を御覧ください。

記憶の種類を理解する

記憶には種類があります。その種類は3つ。

1.感覚記憶(瞬間記憶)

2.短期記憶

3.長期記憶

です。この1から3の記憶そのままに私達人間は記憶を蓄えていくように出来ています。

1.感覚記憶(瞬間記憶)

瞬間で消えてしまう感覚的な記憶で時間にして1秒程度のものです。

1.感覚記憶(瞬間記憶)はその名の通り、刹那的です。瞬間で消えてしまう感覚的な記憶で時間にして1秒程度のものです。

この感覚記憶(瞬間記憶)は視覚や聴覚、味覚や嗅覚など5感に一瞬だけ記憶されます。例えばテレビに目をやったほんの一瞬の間に、とても好みの男性が写っていた時。すれ違いざまに一瞬だけ素敵な女性の顔を見た時。あっとおもった瞬間に記憶はすぐに消えてしまいますね。すぐに消えてしまう写真のようです。

そしてその感覚記憶(瞬間記憶)のほとんどのものは忘れてしまいます。

ところがその中の記憶でも1秒以上記憶を保って覚えておくことが出来るものがあります。

スポンサーリンク



2.短期記憶

短期記憶は大体10秒から長くても30秒程度は記憶にとどめておけるものを指します。

短期記憶は大体10秒から長くても30秒程度は記憶にとどめておけるものを指します。

ちょっとわかりづらいので例を挙げましょう。短期記憶の例としてわかりやすいものには短い文章があげられます。

メモ帳などがないとき。

メモ帳がないときに、携帯番号をぱっと言われたとしましょう。あなたは口に出して何度も言って忘れないようにしませんか?ギリギリ10秒程度覚えられる量。あるいは会社で電話をとった時に、やはり手元にメモ帳がないとき。

相手の名前や会社名、要件などを復唱しながらなんとか覚えようとしているとき。ぎりぎり30秒程度記憶していられる情報量を思い出してみてください。まさにあれが短期記憶です。

その量は意味のある単語が5~7つ程度と言われています。人によっては抜群の記憶力があって、もっと覚えていられる人もいます。しかし、10秒から30秒の間に覚えていた要件をメモにした途端、内容をほとんど忘れているのは誰もが記憶があるでしょう。短期記憶とはまさにあれです(笑)

3.長期記憶

長期記憶は大きく分けて2つにわかれます。

長期記憶は大きく分けて2つにわかれます。

1つは言葉にすることが出来るものです。言葉にして説明ができますので画像や映像を含みます。その他には固有名詞や概念などを表現することもあります。

もう1つの長期記憶は体が覚えているものです。いわゆるスキル(技術)です。車の運転で反射的にウインカーを出したり、ブレーキを踏んだりすることもこれに含まれます。自転車の乗り方を誰もが忘れないでいる感覚も長期記憶の一つです。

【忘却】エビングハウスの忘却曲線 人は忘れるのが前提の生物?

【忘却】エビングハウスの忘却曲線 人は忘れるのが前提の生物?

記憶力を鍛えるのならば、絶対に知らないといけないことの一つに忘却に関するメカニズムがあります。

記憶は感覚記憶→短期記憶→長期記憶と記憶する時間とともに流れていきます。すぐに勉強したことを長期記憶に落としこめたらこれほどラクなことはありません。しかし、その記憶する過程において人間には「忘却」という避けがたい仕組みがあります。

有名な忘却のメカニズムに「エビングハウスの忘却曲線」というものがあります。ご存じの方もいるかもしれませんが、人間は忘れる動物です。なんと1時間で50%以上を忘れてしまうように出来ています。

さらに1日経てば75%近くを忘れます。つまり私達の脳は、1日経つとほとんどのことは忘れてしまう仕組みになっているのです。

そう考えると、人間は忘れることが前提で脳ができあがっていると考えるのが妥当かもしれません。

エビングハウスの忘却曲線には2つの種類が存在する

エビングハウスの忘却曲線には2つの種類が存在する

1日経つと75%程度は忘れてしまうというエビングハウスの忘却曲線の理論。

このエビングハウスの忘却曲線には2つの種類があることが分かっています。それは何でしょう。

すべての人間に同じことが起こります。それは生きていて出会うことや事象など、すべてはその人にとって意味のあることと、ないことの2つに分類されるということです。この意味のあること、ないことの2つ。この2つをエビングハウスの忘却曲線にあらわしたときに、まったく違う忘却のカーブを描くことが分かっています。

つまり誰もが

意味のあることは忘れづらい

意味のないことは忘れやすい

という2つのエビングハウスの忘却曲線が存在するということです。

人にとって意味のあることとないことの境目はなにか?

ここまでくると気になることがあります。
それは、意味のあることとないことの境目はどこにあるか?ということです。

それは覚えているかいないか?覚えやすいか覚えづらいか?の違い。この境目は答えを言ってしまえば、ズバリ興味のあるなし、好きか嫌いか?です(笑)

興味があるかないか?と考えれば、自分が気になる女性の誕生日は覚えやすいでしょう。ところが、見ず知らずの興味が無い男性の誕生日は覚えづらいし、覚える気もまったく起こりません(笑)

これらを実験で行った結果、その人にとって意味のあること、興味のあることに関しては忘却しづらいことが分かっています。

美人の名前は覚えやすいというのはそんな理由が存在しているのです。

別の記事でご説明!記脳の記憶力強化トレーニングの方法を御覧ください。

関連記事もどうぞ

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.