iPhoneのパケット節約設定!モバイルデータ通信量って何?から考えてみる

[記事公開日]
[最終更新日]2015/06/17

スポンサーリンク

モバイルデータ通信の意味がわからない人は要注意。
データ通信量が上限に達してた!なんてことありませんか?

そういう方はモバイルデータ通信をちょっと知っているだけでパケットが無駄に消費されるのを防ぐことができます。意外とアプリが自動で更新したりと無駄に通信料を使ってたりするんです。それらはモバイルデータ通信の設定で改善できますのでご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

iPhoneモバイルバッテリーの選び方

iPhoneの電池節約設定方法

iPhoneパケット節約設定

とりあえずモバイルデータ通信をちょい理解する

robot-507811_640

モバイルデータ通信を先にちょいと理解しましょう。

「モバイルデータ通信」とは、携帯電話会社が提供する回線でのインターネット通信を指します。「パケット通信」とも呼ばれます。

引用ソフトバンク

フムフム。。つまりパケット代ってことですね。よくわかりました。

パケット代がわからない人向けにご説明しますね。スマホはデータのやり取りにパケットという物を使います。パケットはデータそのものだと理解していただければOKです。

smartphone-431230_640

身近なもので例えるなら水道です。水道は使った分だけ支払います。

でも上限は基本的にない。そのパケットの上限が決まっているんです。最初の契約時に。

パケット代は5Gとか7Gとか契約時に支払金額に合わせて上限が決められていて、それ以上になると使われないように尋常じゃなく遅くなります(汗)

もとのスピードにするには余計にお金を払わなくてはいけないものです。契約書にかいてありますがあんまり気にしたことはないですね(笑)

月が変わるとリセットされてまたスピードも使えるパケット代も元通りになるのですが、スマホはパケットを消費して成り立ってるようなものなので無駄遣いしないほうがいいです。

スポンサーリンク



どんなときにパケット代がかかるのかしら?

digital-388075_640ソフトバンクのHPの説明では画像もご丁寧に張ってありまして図で理解出来ました。

ご覧になっていただければわかりますが、図によれば自宅でWi-Fi機器からスマホに飛んでいる場合はパケット代はかかりません。つまりモバイルデータ通信は利用していないということですね。

じゃあどこでモバイルデータ通信、つまりパケット代を消費しているかといえば、Wi-Fiが入らない場所です。簡単にいえば家の外。家の外に飛んでいる電波を使ってアプリでゲームが出来たりします。メールも出来ますし、インターネットも出来ますね。

どんなスマホでもだいたい同じだと思うんですが、画面の上に「4G」とあ「3G」とか「LTE」とか表示されていると思いますが、あれはモバイルデータ通信中(可能)というわけです。

家の外でもWi-Fi使えないのかしら?

iphone-518101_640家の外で例外的なのがWi-Fi環境が整えられているカフェなどです。

カフェは家と同じようにWi-Fiにつなぐことが出来ますから、モバイルデータ通信を行いません。代金はカフェが払ってくれてます。ある意味使い放題です。

セキュリティ上、気をつけなくてはいけないところもあるのであまりセキュア(秘密)なものは利用しないのがいいです。例えば銀行の振込サイトにログインするとか。そういうものはなるべく避けたほうが無難です。

でアプリはどれがモバイルデータ通信が多いのか?

iphone-6-458151_640結論から言いますと

YouTubeとフェイスブック(FB)アプリは特に要注意です。

これ、結構いろんな方が言ってます。わたしのスマホでも数ギガ行ってました。フェイスブックはおそらく動画が自動で動き出すんですが、それが原因かと思います。やっぱり動画や画像ってパケットやたらに使いますからね。見るなら家とかWi-Fi環境じゃないと上限すぐに行きそうで怖いですね。

あとはわたしが使ってる

dマガジン

というアプリ。これも半端ないです。雑誌をまとめ読みできるアプリですが、雑誌なので画像が半端ないのでモバイルデータ通信量も比例して多くなります。

こんな記事も読まれています

iPhoneモバイルバッテリーの選び方

iPhoneの電池節約設定方法

iPhoneパケット節約設定

関連記事もどうぞ

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.