熱中症対策は塩分+ブドウ糖が効果あり?スポーツドリンクが最適な理由とは?

熱中症対策は塩分とブドウ糖

熱中症対策には
塩分以外にブドウ糖も含んだものを摂取しないと危険です。
対策としてはスポーツドリンクのようなものが効果が高いのはご存知の通りです。熱中症対策には塩分+ブドウ糖も含んだドリンクでないと危険な理由とは?

「熱中症対策は塩分+ブドウ糖が効果あり?スポーツドリンクが最適な理由とは?」の続きを読む…

熱中症のサイン!あくびがでたら要注意!体のサインを見逃さないで

あくびと熱中症。

ハッキリ言って、この2つの関係はつながりづらいですね。しかし熱中症の症状にあくびがでるという明らかな事実があります。

夏場の炎天下にあくびが出るなんて、仕事中や部活中だったら「たるんどる!」となりそうです。しかしつながりづらいですがあくびは熱中症の危険なサインです。汗をかいていて炎天下にいる。そしてあくびがでたら熱中症のサインだと理解できる土壌が日本にはないので危険です。

「熱中症のサイン!あくびがでたら要注意!体のサインを見逃さないで」の続きを読む…

熱中症対策が必要な時期は5月から?乳児や子ども高齢者が弱い気候はこれ

熱中症になりやすい時期。
気候や陽気には共通した特徴があります。

特に体力が低く、気候や環境に体がついて行かない乳児や子供、高齢者に気を配る必要がある熱中症が発生しやすい気候の特徴をお伝えします。

「熱中症対策が必要な時期は5月から?乳児や子ども高齢者が弱い気候はこれ」の続きを読む…

熱中症で頭痛や吐き気の応急処置はどうする?対処方法2つ

熱中症の応急処置は大きく分けて2つ。
これだけで完全に治るわけではありませんが、現場でできる応急処置を施した後は専門家に任せます。
予防しようとしても人の体調は毎日変わります。万が一の時の応急処置を頭に入れておきます。

「熱中症で頭痛や吐き気の応急処置はどうする?対処方法2つ」の続きを読む…

意外と多い車中の熱中症対策!子どもとお年寄りと同乗者もけっこう危険

密閉された車内空間。
熱中症を加速する可能性があることをご存知ですか?

車内での熱中症対策はぜったいに必要です。子どもやお年寄りは特に注意ですが、運転手や同乗者も熱中症対策をする必要があります。

ちょっとした気遣いと配慮も熱中症対策になります。

「意外と多い車中の熱中症対策!子どもとお年寄りと同乗者もけっこう危険」の続きを読む…

夏場以外にも多い熱中症症状3分類!筋肉痛や頭痛に下痢 寒気も注意!

熱中症の症状に応じた重症度分類が3つあります。

これは病院に運ばれた時の対処方法を日本救急医学会が、「熱中症の診療指針(ガイドライン)」としてまとめたものです。重症度によっては緊急を要するものあるのですが、今までは曖昧になっていた重症度を一般にも広く知らせることで早めの治療ができるようにするとのこと。

「夏場以外にも多い熱中症症状3分類!筋肉痛や頭痛に下痢 寒気も注意!」の続きを読む…