アレルギー性鼻炎や花粉症対策にレーザー治療は数年後も効果があるのか?【体験談その3】

[記事公開日]
[最終更新日]2015/06/18

スポンサーリンク

数年が経過してもレーザー治療の効果は継続しているのか?

管理人が5年移譲前に体験したレーザー治療の効果はあったのか?効果はいつまで続いたのか?体験談と感想を含めてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

レーザー治療の効果はあったのか?

結論から言いますとレーザー治療の効果はありました。

治療をしたのが10月でしたが、早い年には1月中ころには花粉症の症状が出てきます。レーザー治療から2ヶ月以上が経過し、既に鼻の奥のかさぶたはなくなっていました。

例年悩まされる衣替えやふとんの上げ下ろしなどでのくしゃみがほとんどなくなっていたのに気がついた時にはびっくりしました。人間は慣れてくるとそれが普通になります。普通になりはじめてからは、鼻づまりやハウスダストやほこりで鼻が止まらないことを忘れていましたから「あ!そういえばホコリでくしゃみが出づらくなってる」という感じです。

laser-160991_640レーザー治療し、かさぶたがなくなってからは鼻のつまりがほとんど消えています。わたしは両鼻がすっきり通っていることが生まれて記憶があるところからありませんでした。そのため両鼻がすっきり通っているという状態が心地よく感じられます。

もちろんくしゃみから鼻水がでてそのまま鼻が詰まってしまい一日中鼻が止まらないなんてことはなくなりました。鼻がでても噛めばほとんどのケースですっきりするようになりました。

効果は継続しているか?

time-371226_640レーザー治療から既に7年以上が経過していますが、春の花粉症時期の2ヶ月だけは以前より鼻が出てきます。年々落ちている感じがしないでもないです。このあたりはハッキリとお伝え出来ませんが、レーザー治療以後の丸3年位はあきらかに花粉症に対しての効果を感じることができています。

レーザー治療した後、4年目の春くらいから花粉のピークの時期になると鼻がムズムズして花粉症が出てきました。しかし、春の花粉の時期2ヶ月以外の10ヶ月間は両鼻がすっきり通っており快適です。4年目以降の春の花粉の2ヶ月は鼻の奥が少し腫れ、匂いもかんじづらいですが、レーザー治療以前のようなひどいものではありませんのでありがたい限りです。

この程度効果が薄れたくらいなら、まだまだすごく効果があると思う方もいらっしゃるかと思います。

スポンサーリンク



花粉の季節以外は快適になった

thumb-489549_640わたしが花粉症になる順番は、まず最初に外出時、徐々に目が痒くなります。そして目の痒みがピークに達した頃、そろそろ鼻にも来るかな?とおもうと花粉のピークがやってきます。目のかゆみに合わせて花粉のピークという感じです。わたしの住んでいるのは本州ですからだいたい2月後半~3月初旬くらいがスギ花粉のピークです。

その後、ヒノキ花粉が飛んでいるはずですが、鼻づまりが4月中旬くらいまで続きます。→血液検査ではわたしはヒノキ花粉や秋の花粉症もあるという結果が出ています。4月に鼻がすっきりしないのはスギ花粉の影響で鼻の腹鼻腔の腫れがひかないで残っていることと、ヒノキ花粉の影響かもしれません。

health-621353_640このあたりはお医者さんもわからないと思いますので答えはわかりません。わたしの目のかゆみと鼻の調子のように、人には体の快適パターンとか悪いペースみたいなものがあると思います。自分の昨年の状態を知ることで体調を崩しやすい時期だったり、天候のパターンをしることが出来ます。

わたしは花粉症やアレルギー性鼻炎のレーザー治療から効果を意識するようになって気が付きました。しかし、普段の生活をしているだけではわかりづらいですね。

 

関連記事もどうぞ

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.