アレルギー性鼻炎や花粉症対策にレーザー治療は数年後も効果があるのか?【体験談その2】

[記事公開日]
[最終更新日]2015/06/18

スポンサーリンク

引き続きアラフォー管理人の過去に行った花粉症やアレルギー性鼻炎対策のレーザー治療体験談をお伝えします。

レーザー治療は実際痛いのか?術後に病院は通うのか?あったら便利なグッズなどの体験を感想を交えつつお送りいたします。

スポンサーリンク

実際のレーザー治療をお伝え 痛いよー!

レーザー照射時間は、ほんの数分で完了します。それでも管理人は意外と痛かったです。

レーザー治療では

(1)麻酔
(2)レーザー

という流れで行われます。

紫外線対策 UVカット帽子

流れを説明しますと、(1)の麻酔は脱脂綿に麻酔薬を含ませたものを鼻の奥に入れました。これは施術室で医師により行われます。両鼻の奥に詰めるのでレーザー治療までは口呼吸です(笑)

鼻水が出て止まらない時にティッシュで鼻栓をした経験があると思いますが、アレです。夏場の犬のように口でハーハーしてました。麻酔は人により効き方が違うらしく、だいたい十分に効果の出てくる30分後くらいにレーザー治療が行われます。それまでは待合室で待機しました。

わたしが行った病院はレーザー治療がかなりの数が行われており、まとめて10名以上がレーザー治療を受けました。鼻の奥がだんだん麻痺してくるのがわかります。順番が回ってきて手術室に名前が呼ばれます。

いよいよレーザー手術。

hospital-484848_640 medical-563427_640先生にあいさつをして、台に横になり、ピンセットで脱脂綿を取り出します。すでにこの時には鼻の中の感覚はありません。レーザーが照射されるスティック状の棒を先生が鼻に挿入しレーザーが照射されます。バチバチと音が聞こえると同時に痛みが走りました。

ぶっちゃけてお伝えしないと意味が無いので言います。感想としては、結構痛いです。

麻酔をしているので全く痛くないことを予想していたので余計に痛みがあったと思います。麻酔は人により効果が変わるらしく、あまり痛い場合は申し出るとレーザー照射をその場ですこし待ってくれます。

しかし麻酔を打ち直すことはないですし、痛いことに変わりはありませんからささっとやったほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク



そこは数をこなしている先生ですから「もうすぐですよ~」といった感じで一気に進められました(笑)レーザー照射時間は数分ですから、痛みを我慢する以外に仕方ないかと。レーザー照射のたびに、何かを刺したような痛みが鼻の奥に感じますので痛みの予想をしていたほうがまだましだと思います。

しかしながら、麻酔をしているのにあの痛みがあることを考えると、実際麻酔なしならばトンでもなく痛いのではないかと思います。

レーザー施術中は片方の鼻で数回ずつ。焼け焦げたにおいが鼻の奥に広がりますがこれも気になる方もいるかもしれません。

レーザー治療後はどうするか?

stethoscope-448617_640

レーザー治療をしたら、支払いをして薬を処方され、そのまま帰宅です。病院から抗生物質などの薬の処方があります。これがレーザー治療の最大のメリットだと思います。

鼻も部分麻酔なので車の運転にも影響はありません。これが入院→全身麻酔ともなると大げさというか、かなりめんどくさいですね。帰りに痛みはほとんど感じることもなく、ときどき感じる鼻の違和感(手術箇所の)は我慢できないものではなく、コンビニで買ったおにぎりとジュースをおいしく食べて帰りました。

治療箇所の状態はどうか?
woman-698988_640

手術当日夜は痛みはやはりないまま過ごせましたが、レーザーのあたった場所は腫れているので鼻が詰まっている状態です。

また、鼻の奥はレーザー照射により血が滲んで腫れていますが、レーザー治療後には割とすぐに鼻血が出た時のように止まりました。鼻の奥には異物感が残りますが、これは傷ができたところにかさぶたができている証拠です。かさぶたは鼻をかむと小指の爪くらいの大きさのものが飛び出してきます。

気をつけなくてはいけないのは、かさぶたがでると血が滲んで鼻血がでたように垂れてくる時があるということです。そのため、あまり強くかまないほうがいいです。かさぶたは鼻の奥で痒くなったりしてこすったりしてしまうとかんたんに剥がれてきます。寝ている間に鼻をこすってしまうこともあり、朝起きたら鼻の周りに血が付いていたこともありますので注意してください。

後日、病院に行った

レーザー治療後には、数日後に病院に様子を見てもらいに行きます。これは粘膜の状態を確認してもらうことと、腫れたりしていないか?などの確認を行うためです。

その時には薬の処方以外に鼻洗浄器の購入を勧められます。これは鼻の奥に雑菌が溜まりやすくなるため洗浄することで清潔に保つことができるようになるそうです。自分で出来る人はいいのですが鼻洗浄器はかなり楽ちんなんで買ったほうがいいです。

この鼻洗浄器は水でやるとツンとしますが、サーレ剤が付属されており、溶かして鼻に入れることで全くツンとしません。(コレに関しては鼻洗浄器を別の記事でお伝えしていこうと思います。)

ホコリや雑菌を鼻洗浄で清潔に出来る上に、ツンとしないのでぜひやったほうがいいです。本当にツンとしないか?と疑っていましたが本当にツンとしません。未だに利用しています。鼻から入れて口から出しますが、春先や冬の埃っぽい時期など1年中ホコリだとか化学繊維などがどっさり出てくることもあります。

もう何度か念のため病院に来るよう促されましたが、行きませんでした。数分で診療も終わりますし、薬は抗生物質が数日分処方されて終わりということなので、特に腫れたり痛みがあったりしない限り行かないことにしました(笑)

しばらくすると腫れが引いて来る

しばらくすると腫れが引いてきます。そしてかさぶたの違和感がもっと大きくなります。顔を歪めると鼻の奥のかさぶたが剥がれたり割れたりするらしく、鼻をかみたい欲求に駆られることがあります。

結局剥がれて外に出てくるので鼻をかんだり指でとったりします。そうしてまたかさぶたができて・・というのを幾度と無く繰り返します。そうしてだんだんとかさぶたが小さくなってきます。かさぶたの面積に比例して、鼻をかんでも血が大量にでることも減ってきます。

関連記事もどうぞ

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.