2015年関東一高野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

[記事公開日]
[最終更新日]2015/08/16

スポンサーリンク

※中京大中京戦の試合結果と戦評を追記しました。
※初戦の試合結果と戦評を追記しました。

注目のベンチ入りメンバーはオコエ選手だけじゃない。

圧倒的な投手力はないですが、相手にペースを与えない継投と圧倒的な打力、走力で勝ち上がってきた関東一高。

2015年関東一高野球部のベンチ入りメンバーの出身中学と戦力分析、試合結果をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

yuusyou1>>2015年夏の高校野球!甲子園の優勝候補と予想は?

rp_sagami-500x375.png>>2015年東海大相模高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

プレゼンテーション1 (1)>>2015年早稲田実業高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

 

tyuukyoukotira>>2015年中京大中京高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

ikueikotira (1)>>2015年仙台育英高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

 2015年関東一高野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

※カッコ内は出身中学と出身地

田辺 廉選手 (松江三 東京)

鈴木 大智選手(蟹江 愛知)

五十嵐滉希選手(伊奈 茨城)

黒田 駿汰選手(篠崎二 東京)

井橋 俊貴選手(取手二 茨城)

伊藤 雅人選手(新栄 埼玉)

森山 将選手(上板橋 東京)

オコエ瑠偉選手(東村山六 東京)

長嶋 亮麿選手(君津 千葉)

阿部 武士選手(酒々井 千葉)

小松原健吾選手(矢口 東京)

佐藤 佑亮選手(牛久三 茨城)

丸山 駿也選手(富岡 千葉)

松永 遼介選手(市川四 千葉)

桑名 京祐選手(清新二 東京)

金子 尚生選手(荏原一 東京)

日原 竜平選手(善行 神奈川)

竹井 丈人選手(金杉台 千葉)

スポンサーリンク



【中京大中京戦の試合結果と戦評】

一点を争う本当に緊迫した試合でしたね。
九回の五番長嶋選手がサヨナラホームランでの劇的な幕切れ。

この試合の勝利は、初回のオコエ選手の守備にあったといっても過言ではありません。

初回、六番打者佐藤i選手の打球はセンターオコエ選手の頭上を超えるような大飛球。取った直後にはフェンスに体をぶつけるような大きな当たり。

フェンスの至近距離での大ファインプレーでした。

正直なところ、この大ファインプレーで最低でも三点は阻止できたと考えられます。最終回のサヨナラホームランまで両チームとも0点でしたから、間違いなく勝利を呼び込んだファインプレーと言っても良いものでしたね。

中京大中京の上野投手も、抜群の破壊力を持つ関東一高の打線を0点に抑える見事なピッチング。今回の勝利でベスト8に名を連ねた関東一高ですが、ここからは、さらにギリギリの戦いを強いられることになります。

つまり1つのミスが大きな失点につながります。1つのプレーが勝利を左右するようになるということです。

逆に言えば、精神的、肉体的に追い詰められて来た時に、相手のミスをいかに見逃さずにものに出来るか?にも注目が集まります。

次回の試合が終わると、一日休日を挟んで準決勝、決勝は連日で試合となります。つまり三試合を戦うのに、休日はたった一日しかありません。

エースは疲労し、打線の援護が必要となります。

投手の継投で逃げ切る事ができればよいので、この試合でも阿部投手、金子投手という継投での勝利。地方大会でも経験していることですから問題無いと考えます。

今後はますますオコエ選手へのマークが厳しくなっていくことでしょう。

その状態でのチームとしての戦い。東東京大会を勝ち上がってきた時と同様にチーム全体で盛り上げていければ勝利は間違いないと考えます。

次戦は興南戦です。鳥羽高校との接戦をものにしてきたチームです。関東一高もそこは同じ。勝利を楽しみにしています。

【高岡商業戦の試合結果と戦評】

8点取った時には楽勝かと思われましたが、終わってみれば12-10と辛勝でした。
選手の皆さんお疲れ様でした。

注目はやはりオコエ選手でしたね。

初回の2塁打は、普通に見ればシングルヒットだったものが彼の足で2塁打になりました。さらに右中間への2塁打が3塁打になる好走塁を2つ。

合計で2塁打1本、3塁打2本の大活躍でした。

オコエ選手が乗って来たときに、決まってチームが勢いに乗ってくるのが、テレビ越しにも伝わってきました。まさにあの足のは規格外の攻撃力と言っていいでしょう。

見ていてほんとうにワクワクしましたし、気持ちが良かったです。オコエ選手、ありがとうございます。

ところが。

残念ながら3回裏の攻撃が終わり、4回表の高岡商業の攻撃時には一挙7点を失いました。7点選手出来たのですから、相手も7点取れるのは当然です。

もし、3回までの流れを保ったまま試合終了できたならば、次の戦いに勢いがついたまま望めたことでしょう。

あまり点差が離れてしまうと、次戦の緊張感がなくなったかもしれません。

そういう意味では逆に良かったということも出来ます。

しかし、1回負けたら終わりの甲子園。試合運びと勝ち方は大事です。

流れが完全に高岡商業に傾き逆転、そして敗戦というシナリオまで試合中に見えてきたことと、7点をとらせてしまったことは、やはり次戦へ向けての反省点かなと考えます。

健大高崎高校の初戦もそうでしたが、ビッグイニングは5点、6点では済まないケースもあります。

つまり大量リードで楽勝ムードが漂い始めても、この試合のように、逆転されてもおかしくないほど点を取られることもある、ということです。

これは野球のひとつの面白さであり、醍醐味でもあります。

7回のオコエ選手は勝利を引き寄せるセンターへの犠牲フライでした。やはり彼を乗せてしまうと手が付けられなくなりますね。

もちろんこれからの対戦相手は、今日の試合のビデオを元に、さらに細かく研究してくるでしょう。
12安打された投手陣がどう微調整するのか?オコエ選手が勝負を避けられた時に、どうやって他の選手とチームが対応するか?

次戦でどう選手のみなさんが適応していくかについて期待したいところです。

東東京大会ではここまで得点されることもありませんでした。甲子園でのさらなるご活躍を期待したいと思います。

【戦力分析 投手力・守備力】

pitcher-150431_640東東京大会を圧倒的なチカラで勝ち上がってきたと言っても過言ではない関東一高。

地方大会は全部で6試合。2014年の春のセンバツ大会に出場した経験を持つ選手が2名いるところも甲子園経験者というところで心強い。

ところで。

得点が、8点以下の試合は無いといったら「地方大会だから」と言い切れるだろうか?管理人はそうはならないと感じます。

なぜなら東東京大会でも帝京高校との準決勝では、ホームラン2本で8得点と圧倒したことは事実だからです。

決勝の日大豊山戦は14点の猛攻で甲子園出場を決めましたから、やはり実力はホンモノと行っていいでしょう。

投手は全部で6名。東東京大会では全員が登板しきちっとそれぞれが仕事をし、継投で勝ち上がりました。

以下は投手の戦績です。

エース阿部投手の登板成績

登板試合数 4
登板イニング数 13回3分の2
被安打 11
奪三振 11
四死球 1
失点 2

金子投手の登板成績

登板試合数 3
登板イニング数 11回
被安打 6
奪三振 2
四死球 1
失点 1

小松原投手の登板成績

登板試合数 4
登板イニング数 8回
被安打 7
奪三振 6
四死球 1
失点 1

河合投手の登板成績

登板試合数 1
登板イニング数 5回
被安打 3
奪三振 0
四死球 2
失点 0

田辺投手の登板成績

登板試合数 2
登板イニング数 4回
被安打 2
奪三振 5
四死球 4
失点 1

竹井投手の登板成績

登板試合数 1
登板イニング数 3分の1回
被安打 0
奪三振 0
四死球 0
失点 0

全員が登板し失点は合計で7点のみ。全員球速があるわけでもないのにこれだけ失点が少ないのは非常に注目するべきところですね。

四死球が全員で9つとかなり少なめなのも印象的。つまるところコントロールが圧倒的に良いということだと考えます。

また継投策は短い回数を全力で投げることが出来ます。その点、エースが連投したり疲弊したら交代できないチームと若干違うのはそうした投手層の厚みがあるところです。

昨今の投手は130キロ台では球速について触れられることもありません。140キロ台前半でも普通だとみなされ奪三振がもてはやされる傾向があります。

たしかに見ていて面白いですしわかりやすいので、賞賛されやすいのでしょう。

ところが。

四死球の少なさ(コントロールの良さ)、ダブルプレーの多さ(内野ゴロを打たせて取る)などは大きくクローズアップされることはほとんどありません。

野球はチームプレイであり、誰かだけの能力に頼ると総崩れします。

そのため健大高崎高校のような足を絡めた野球は非常に安定感があります。スランプがないと言い換えることも出来ます。

投手でスピードがなくてもコントロールが安定的ならば、投手の継投をしていく時にも不調の投手はすぐに交代することが出来ます。

6名も投手がいるのですから好調、不調によってチームの浮沈が決まる確率がかなり減るということになります。

当然のことながら上下左右のコースを変化球を混ぜてきちんと投げ分けることさえできれば、プロの打者でも打ち損じてくれます。

プロでもアウトコースの低めをヒットには出来ても、ホームランにはしづらいということですね。

さてお次は守備力ですが、地方大会6試合でエラーは3。

かなりの強豪校でも5つ6つとありますから3はかなり少ない方です。要所できちんと固い守りができれば致命傷にはなりません。

甲子園でも堅守を見せていただきたいと思います。

【戦力分析 攻撃力】

baseball-155990_640どうしても注目されずにすまないのがオコエ瑠偉選手。

ご存知の通りナイジェリア人のお父さんと日本人のお母さんからすばらしい素質をいただきました。

50メートルを5秒台で走る選手はそれなりにいます。東東京大会の盗塁数は6。

しかし走塁は足のはやさだけで決まるわけではありません。ウサイン・ボルト選手は世界で一番はやいアスリートですが、彼が盗塁してもアウトになる確率のほうが高いです。

なぜなら野球には独特のスタート、スピード、スライディングという「3S」があるからです。あのイチロー選手も自分より足の速い選手はたくさんいる!とおっしゃっています。

つまり健大高崎高校もそうですが、オコエ瑠偉選手はスタートを切れる判断力に優れていると言っていいわけです。

ところが。

オコエ選手よりも多い盗塁数を稼いでいるのに注目されていない選手が居ます。それは井橋選手です。

ものすごいことに井橋選手は盗塁数が8だけでなく、打率が6割超。

1番オコエ選手も4割超の打率で出塁し、井橋選手の2番打者と絡んでランナーを貯める。

さらに3番、4番、5番のクリーンアップできちんと得点するという王道パターンががっちりハマっているのが関東一高の得点源と言えます。

チーム打率は380と2015年夏の甲子園出場校の中でもやや高め。

もちろん地方大会の試合数や若干のレベル差もありますが、それでも東東京大会で打率380は立派だと言えます。

さらにどうしても知っておいていただきたいのが、東東京大会で選んだ四死球が41もあるということです。

つまり相手投手が四死球を41個も与えてしまっているということ。

41のヒットを打つのは容易ではありませんが、41の四死球を選ぶのはヒットよりも容易いと考えて良いでしょう。

相手チームからすれば、四死球を選ばれるとがっくりと疲れます。

守備陣は四死球で、流れも良いと感じられません。さらに足の早い選手がいつでも次の塁を狙い、ワンヒットでホームまで行くかもしれないというプレッシャーがいつでも相手チームを襲います。

健大高崎高校もそうですが、足が速いというだけで相手に与えるプレッシャーはかなりのもの。もっと言えば、

足にスランプはないんです。

そのため、バッティングが調子悪いならば、四死球を選び盗塁できるならば、それで2塁打となります。そのくらい足を使えるのはインパクトが有ります。

相手に与えるプレッシャーや選球眼の良さが、四死球41にもつながっているかと思うと、相手投手がすこし気の毒になりますね。

気になるのは、4番の森山選手。

若干バッティングの調子を落としていますが、地方大会から時間もかなりあいていますので復調してくれることを祈ります。

【戦力分析 総合評価】

baseball-192400_6401番オコエ選手、2番井橋選手。

この2名がクリーンアップの前にランナーとなって出ることが出来るか?まずはそこが勝負の決めてとなります。

投打のバランスは良いですが、圧倒的な投手はいないため、攻撃で勢いを増していくチームだと考えます。

もちろん安定感のある投手陣が、堅守の守備陣とともに、上手に相手打線をかわしていくという前提があるわけですが、このチームはつながる強打の打線と、四死球も絡めた出塁から盗塁で相手を撹乱する。

そうした打つだけではない多方面の攻撃から自分たちのリズムをつくりだせる面白いチームだと感じます。

東東京大会から時間もたち、さらに大会中盤に登場することになりますが調整は万全だと信じご活躍を期待したいと思います。

関連記事もどうぞ

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.