2015年敦賀気比高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

[記事公開日]
[最終更新日]2015/08/11

スポンサーリンク

kehi※初戦の明徳義塾高校戦の試合結果と戦評を追記しました。

春の選抜優勝校。
敦賀気比高校野球部メンバーの出身中学と戦力分析、試合結果をお伝えしていきます。

※甲子園初戦は明徳義塾高校 大会第3日 第2試合に決定

甲子園初戦の直前練習でもいい動きを見せてくれていた敦賀気比高等学校野球部ののメンバー。期待がかかります。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

yuusyou1>>2015夏の高校野球!甲子園優勝候補の予想は?

sagamikotira>>2015年東海大相模高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

プレゼンテーション1 (1)>>2015年早稲田実業高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

ikueikotira (1)>>2015年仙台育英高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

kantoukotira>>2015年関東一高野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

2015年敦賀気比高等学校メンバー出身中学

※カッコ内は出身中学と出身

平沼 翔太選手(社 福井)
嘉門 裕介選手(音羽 京都)
栗栖 千真選手(上富田 和歌山)
中居 基継選手(詳徳 京都)
篠原 涼 選手(富士宮四 静岡)
林中 勇輝選手(木幡 京都)
松本 哲幣選手(京都御池 京都)
山本 皓大選手(大東 福井)
木下 翔吾選手(育親 京都)
榎本 光樹選手(橿原 奈良)
原  綾 選手(中谷 兵庫)
小島 誠人選手(富雄南 奈良)
上田 竜也選手(龍華 大阪)
本間 太一選手(木幡 京都)
藤原 巧海選手(花山 京都)
安田 拓夢選手(八幡東 滋賀)
森  茂樹選手(岩出 和歌山)
山崎颯一郎選手(山代 石川)

明徳義塾高校戦の試合結果と戦評

流れはかなり明徳義塾高校に偏っていましたが、よく引き寄せて勝利したと感じます。お疲れ様でした。

エース平沼投手の立ち上がりを責められた初回。先頭打者を出し1アウト3塁の場面を作られます。明徳義塾の3番神藤選手がタイムリー。1点を失います。

平沼投手は崩れるときには序盤が多く、逆に今回のような延長戦などになると異常に強さを発揮します。きっと、ものすごい精神力、強いメンタルがあるのだと考えます。

その一方で初回から飛ばしてく、というタイプではないようで3回にも2失点。どうなってしまうかと思いました。エンジンがかかる4回まで時間がかかりましたね。

もちろんエンジンがかかり温まってきた4回からはランナーを出していません。

投手のがんばりに打線も後半から奮起します。6回には3番林中選手がレフトへソロホームランを放ち、流れを徐々に敦賀気比高等学校に引き寄せ始めます。

すると平沼選手のヒットをかわきりに、そのまま3連打線。犠牲フライで追加点を入れ、6回に合計2点。せめてあと1点は欲しかったなぁとおもう6回の攻撃シーンでした。

平沼投手がその後もきちんと相手打線を抑えこみ、8回の先頭打者である山本選手の3塁打を呼び込みます。

この場面。打者は松本選手でした。

ご存じない方もいらっしゃるかと思いますが、松本選手は背番号7です。しかし春の大会までは17でした。

実は、春の大会であの衝撃的な「1試合2本塁打」を打ったあの選手が松本選手だったのです。満塁ホームランを含む1試合2ホームランはなかなか出来る事ではありません。

周囲の評価はガラッと変わり、プレッシャーもかなりのものだったのでしょう。福井大会では彼のバットから快音を聞くことはありませんでした。

春のセンバツ優勝。そして甲子園出場をかけた福井大会でのプレッシャー。

チームに勝利を!とにかくはやく結果を出したいという焦りが余計に歯車を狂わせます。しかし、この試合松本選手は3駄数3安打2四球で全打席に出塁。

福井大会での不調がウソのような絶好調ぶりでした。プロの選手もスランプはあります。高校生はまだまだ伸びしろがたくさんあります。

すこしの間にまったくの別人になることもありますし、大会期間中、もっと言えば試合中に成長していく姿も見ることが出来ます。ファンにとってはそれも高校野球の醍醐味だと言えます。

甲子園初戦ですこし試合感が鈍っていた感じもありましたが、やはり底力を感じる試合運びでした。

次の試合は、大会8日目の第4試合。相手は花巻東高校戦です。

敦賀気比高校野球部のご活躍を期待して待っています。

【戦力分析 投手力】

pitcher-150431_640昨夏に引き続きの夏の甲子園出場。

大エースと呼んでも違和感のない風格が出てきた感がある平沼翔太投手がエースナンバーを背負います。

予選では他の投手の活躍もあり地方大会は全4試合のうち、3試合に登板。

18回を投げて被安打10、失点が3、奪三振が16、四死球が6と決勝で3失点したものの、彼らしさを感じる安定的なピッチングでした。

記憶にあたらしいのは、春の選抜大会での見事優勝。

正直なところ昨夏の試合を一人で投げ抜いた経験、そして春の選抜での優勝は、平沼投手の投球の幅を広げる財産となったはずです。

その経験も活きたのが春の大会優勝でした。ところが春の大会は通常は体力強化に務める冬場に敢えてボールを使った練習を増やさざるをえないというジレンマがあります。

春夏連覇というのはそもそも難しいのに、体力強化がままならない状態で春の選抜→優勝でひっぱりだこ→夏の練習もおろそかになるという悪循環が生まれることも。

そのためどんなに素晴らしい選手が揃っていても大人の都合で練習不足を露呈し消えていくチームもあります。

その中で苦しんで勝った福井県大会の決勝戦。

昨夏もそうでしたが、熱さが増すほど彼のピッチングが粘り強くなっていった印象があります。相手投手がバテて、見方打線が援護してくれたところでキッチリと仕事をする。

決勝戦では、エラーも含め失点を重ねた序盤。

しかし、熱さを味方につけたかのような中盤からのピッチングはまさに平沼投手の真骨頂だったと言えます。

スポンサーリンク



【戦力分析 攻撃力】

baseball-155990_640地方大会はホームランはゼロ。ところがこの2015年の敦賀気比高のスゴイところは

■三振が少ない

■四死球が多い

ことです。福井県大会は試合数が4と首都圏と比較するとちょっと少ないですね。

ところが、その一方で三振はチームの合計でも7つしかありません。

さらに四死球の合計は20。四死球は、投手に球数を投げさせ披露させた上、リスクゼロでヒットを1本打ったのと同じことです。

しかも三振が少ないということはバットコントロールに長けているということ。

つまり、選球眼が良く甘い球を投手が投げづらくなる打線なのですね。

昨夏の打線は爆発力満点で、何点取られていても逆転してくれる期待感が持てました。あの打線は本当にいつまでも見ていたい素晴らしい打線でした。

今年はその爆発力まではいかないものの、福井県大会のチーム打率は4割弱。しかもまんべんなく1番から9番までが打っているので切れ目がありません。

しかも前述のとおり「選球眼が良い上に、ヒットを量産されるプレッシャー」を相手投手にかけ続けられます。

全4試合中3試合がコールド勝ちということを考えれば、

■ホームランがないが選球眼が良いヒット量産型のチーム

ということで相手投手が若干気の毒になります。

【戦力分析 総合評価】

baseball-192400_640春のセンバツ優勝の後の春季大会。

北信越ブロック大会では決勝で敗北し準優勝でした。勝って当然、打って当たり前の状態でのプレッシャーは計り知れないものがあったはずです。

その中で、春季大会の決勝で敗北。

言い方を恐れずに言えば、あるそこで意味負けてよかったのかもしれません。夏の選手権大会予選の前に1度負けてしまえば、すこし気が楽になります。

さらに秋~春の優勝で張り詰めすぎた気持ちを一度リセット出来たことと思います。

実際、福井大会決勝以外は予選はすべてコールド勝ち。平沼投手もかなり温存してその勝利ですから、危なげない試合とはまさに敦賀気比野球部の地方大会の初戦~3試合を言うのでしょう。

さすがに決勝はちょっとかたくなりすぎていて3失点。ですが苦しんだ延長戦。エースを登板させての優勝。

地方大会優勝から甲子園初戦までの時間が空きすぎたチームは、どんなチームでも試合勘が鈍ります。

それはたとえどんなに厳しい練習でも、練習試合でも公式試合の緊張感とは疲労感、緊張感のレベルが違います。

昨夏からの経験は体調管理や気持ちの入れ方も含め、大会期間にピークを持っていく調整はもうすでに経験済み。

かならず夏の甲子園の優勝につながると期待します。

こんな記事も読まれています

yuusyou1>>2015夏の高校野球!甲子園優勝候補の予想は?

sagamikotira>>2015年東海大相模高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

プレゼンテーション1 (1)>>2015年早稲田実業高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

ikueikotira (1)>>2015年仙台育英高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

関連記事もどうぞ

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.