2015年鳥羽高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

[記事公開日]
[最終更新日]2015/08/16

スポンサーリンク

toba※津商戦の試合結果と戦評を追記しました。

100年後に100年前の優勝校が出場&選手宣誓。

2015年鳥羽高校野球部メンバー出身中学と戦力分析と試合結果をお伝えします。

初戦は8月10日月曜日の第2試合の岡山学芸館戦です。緊張の選手宣誓から日程があきますが体調を万全にして臨んでいただきたいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

yuusyou1>>2015年夏の高校野球!甲子園の優勝候補と予想は?

rp_sagami-500x375.png>>2015年東海大相模高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

プレゼンテーション1 (1)>>2015年早稲田実業高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

 

tyuukyoukotira>>2015年中京大中京高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

ikueikotira (1)>>2015年仙台育英高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

kantoukotira>>2015年関東一高野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

 

2015年鳥羽高校野球部メンバー出身中学一覧

 ※カッコ内は出身中学と出身地

松尾 大輝選手(精華南 京都)

梅谷 成悟選手(衣笠 京都)

小薗晋之介選手(嵯峨 京都)

中嶋 滉平選手(維孝館 京都)

岩切 海斗選手(桃山 京都)

南 武蔵選手 (勝山 京都)

田淵公一郎選手(上京 京都)

伊那 夏生選手(木幡 京都)

宮西 絢也選手(桂 京都)

山田 純輝選手(詳徳 京都)

安田 優哉選手(明徳義塾 高知)

井上 滉司選手(田辺 京都)

野々村 楓選手(大山崎 京都)

河合 一成選手(精華西 京都)

野上 夢斗選手(大宅 京都)

上原 大和選手(花山 京都)

山中 翼選手 (高野 京都)

田村 剛選手 (深草 京都)

スポンサーリンク



【津商戦の試合結果と戦評】

3回の攻撃。なんと5連打が素晴らしかったですね。

「~たら。~れば」は禁句ですが、敢えて欲を言えば、5連打している3回であと1、2点を取っていれば、もっとラクな展開になったと思います。

終わってみれば4-2。相手投手を打ちあぐんでいましたが、松尾投手が要所をきちんと締めるピッチング。鳥羽高校らしい堅実な勝利でした。お疲れ様でした。

松尾投手は豪速球という投手ではありませんが、制球力がよいのが特徴です。

津商戦の投球内容
打者 30
球数 104球
被安打4
奪三振 3
四死球2
失点2

それでも1試合の中では、どうしても打者有利な甘い球を投げてしまうことがあります。打者の立場にたてば、いかにその甘い球をヒットにするかというのが課題です。

逆に投手側からすれば甘い球を1球でも減らせるか?甘い球を投げても打たせない組み立てができるか?が大事なところ。

松井投手が2点を取られたシーン。

4回は甘い球を打たれランナーを出しさらに打たれるパターン。そして7回はランナーを出して内野ゴロで失点。

それでもそういうシーンを減らすことができる安定感があります。傷口は最小限でこのチームの戦い方としては最適だったと思います。

【戦力分析 投手力・守備力】

pitcher-150431_640京都大会は全部で6試合。

実はこの鳥羽高校はノーシードで勝ち上がって優勝したことは、他府県にはあまり知られていません。

失点は決勝の4点が失点が最高で、その他の試合は完封、または1,2点という試合ばかり。とにかく失点が少なくすばらしいところです。

決勝戦は春の選抜に出場した立命館宇治高校でしたから4失点は仕方がないとしても、ほとんど相手に点をとらせない試合運びはほんとうに見事でした。

エラーは7と若干多めに感じますが、失点が少ないのは堅実な守備力にプラスして投手の底堅いピッチングがあってこその数字と言えます。

エースの松尾投手は170センチとさほど大きな体格ではないものの、制球力と球のキレを武器に勝ち上がってきました。

2番手の山田投手は182センチとやや大きな体格の投手。京都大会では2試合に先発して点を取られていません。

やはり打たせて取るピッチングができると守備にもリズムが出来ます。

これは鳥羽高校の1つチームの勝ちパターン。勝利につながる良い流れをチーム内に作り出す、と言っても過言ではありません。

エース松尾投手のデータ

登板試合数 4
登板イニング 35回
被安打 29
奪三振 25
四死球 8
失点  8

山田投手のデータ

登板試合数 2
登板イニング 12回
被安打 4
奪三振 10
四死球10
失点 0

と地方大会とはいえ申し分ない数字です。いつでもバンバン三振を取るピッチャーではないものの、要所を打たせてとったり、何度か三振で切り抜けたであろうことを想像させる奪三振数。

甲子園で打たせて取るピッチングが京都大会のようにできるか?がひとつのカギとなってくるでしょう。

【戦力分析 攻撃力】

baseball-155990_640地方大会は大阪大会のような強豪ひしめく地域もあります。そうした地域の実力格差もあるので一概に打率だけで比較することは出来ません。

しかしながら京都大会で打率429というのは立派だと考えます。

ホームランは京都大会ではゼロでしたが、出場選手全員が打率3割を超えているという凄みのある打線。

今大会の代表チームを見ても打率が429で、さらに出場選手全員が打率3割超えというのは探しても見当たりません。

つまりこの打線ではどこからでも得点ができるため、投手は行き着く隙がないということになります。

中でも5番のキャプテン梅谷選手は打率591、打点は10と予選大当たり。甲子園でも選手宣誓を任されていますし、試合での活躍が期待されます。

【戦力分析 総合評価】

baseball-192400_640鳥羽高校が甲子園で勝ち上がるためのポイントは、ずばり投手の安定感だと考えます。

京都大会通算で429という打率は素晴らしい物があります。しかし甲子園ではすごい投手がたくさん出てきます。

1点とれるかどうか?が試合を分けることもあります。つまり逆に言えば1点を取って0点に抑えればいいということ。

この鳥羽高校の勝ちパターンを見ていると、投手の安定したピッチングが打線に好影響を与え、得点し加点することで投手がさらに安定感を増していくというイメージが有ります。

そのため、投手の安定感は甲子園で勝つためには大前提です。

その点、松尾投手、山田投手の2名は非常に安定感がありますので安心して見ることが出来ます。

エースがひとりで投げて勝ち上がってきたわけではないところも、勝利を重ねた時、投手の疲労分散ができていいですね。両名とも試合を形にする計算ができるいい投手だと思います。

1つだけ、敢えて気になることがあるとすれば、京都大会で出場した選手は投手の交代枠をプラスしたレギュラー9名+投手交代の1名の合計10名だった、というところでしょうか。

つまり、背番号11番~の選手の出場機会がなかったということです。

せっかくでた甲子園。もちろん優勝を狙いに行くはずです。不慮のケガやチャンスでの代打起用、代走や守備固めなど、時には選手が入れ替わることもあります。

試合に出続けている選手はいいのですが、代打で出てきて試合の流れにのってパッと結果を出すのは至難の業です。

鳥羽高校が普段からそうした試合運びなら問題ありませんが、急に甲子園で誰かの代わりに出場し結果を出すのはやはり大変だと言えます。

ときどき「代打職人」のような1回のチャンスで結果を出す選手が居ますが、それでも代打の選手の打率は高いとは言いがたいものがあります。

もちろんそれは守備を始めとした途中交代全般に言えることだと考えます。

甲子園という短期決戦では、時にはいつでも出場できる準備をする必要もあるでしょう。

監督さんの采配ですから難しいところですが、ベンチメンバーは準備だけは怠らないようにしていただきたいと思います。

100年前の優勝高校が100年後にまたこうして甲子園に出場する。その時代から生きていたわけではないのですが、なんだか感慨深いものを感じざるをえません。

鳥羽高校の100年目のご活躍をお祈りいたします。

こんな記事も読まれています

yuusyou1>>2015年夏の高校野球!甲子園の優勝候補と予想は?

rp_sagami-500x375.png>>2015年東海大相模高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

プレゼンテーション1 (1)>>2015年早稲田実業高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

tyuukyoukotira>>2015年中京大中京高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

ikueikotira (1)>>2015年仙台育英高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

関連記事もどうぞ

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.