2015年早稲田実業高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果清宮選手以外もスゴイ

[記事公開日]
[最終更新日]2015/08/16

スポンサーリンク

プレゼンテーション1※東海大甲府高戦の試合結果と戦評を追記
※広島新庄戦の試合結果と戦評を追記
※甲子園初戦は大会第3日目 第1試合 今治西高校結果と戦評を追記

2015年の早稲田実業高校野球部。
初戦直前の練習試合でも着実なプレーを見せてくれる早実野球部。

夏の甲子園出場メンバー出身中学と戦力分析をお伝えします。

マスコミなどでは清宮幸太郎選手だけが注目されがちです。しかし、彼の前に他の選手が見せ場をお膳立てしてくれるからこそ彼に打点が付きます。野球はチーム全体の貢献度が勝利を決める一面もあります。

目に見えないチームの総合力を地方大会実績から分析します。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

yuusyou1>>2015夏の高校野球!甲子園優勝候補の予想は?

sagamikotira>>2015年東海大相模高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

 

ikueikotira (1)>>2015年仙台育英高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

 

早稲田実業高校野球部メンバー出身中学一覧

松本 皓 選手(第二大島中学 東京)

加藤 雅樹選手(瑞雲中学 東京)

清宮幸太郎選手(早稲田実業中学 東京)


富田 直希選手(元八王子中学 東京)


山田 淳平選手(金沢大付属中学 石川)


金子 銀佑選手(足立十一中学 東京)


田口 喜将選手(長良中学 岐阜)


渡辺 大地選手(調布三中学 東京)


玉川 遼 選手(早稲田実業中学 東京)


上條 哲聖選手(国分寺五中学 東京)


宮崎 廉太選手(鎌ヶ谷中学 千葉)


佐藤 純平選手(平岡南中学 兵庫)


和田 千晴選手(朝霞三中学 埼玉)


菊池 恒太選手(静岡大付属浜松中学 静岡)


今井 武 選手(早稲田実業中学 東京)


吉村 優 選手(早稲田実業中学 東京)


吉野 星吾選手(枡形中学 神奈川)


服部 雅生選手(立川五中学 東京)

スポンサーリンク



【東海大甲府戦の試合結果と戦評を追記】

まさかまさかの2者連続ホームラン。
8-4の勝利おめでとうございます!

とうとうでちゃいましたね!清宮選手のホームラン。
そして相手投手だけでなく相手チームの繊維を喪失させるような豪快な加藤選手のホームラン。

この2本のホームランは試合後の観客、テレビ視聴者の目に焼き付いたのではないでしょうか?

初回の攻防は1点ずつ取り合う展開でした。
ワンアウト2塁で清宮選手の登場。ここのところほぼ毎試合のようにデッドボールを受けています。
これは明らかに相手投手がインコースの厳しいところを攻めてきている証拠です。

それだけ相手チームが警戒しているという証拠でもあります。ただ、連続してデッドボールを当てるわけにはいきませんから2打席目以降は相手投手もインコースへは投げづらくなることが考えられます。

それだけボールが甘くなってくる可能性が高いです。

その甘い球をきちんと狙って打ったのが3回。清宮選手に打席がまわった時の2ランホームランでした。

ここまでの試合でヒットは出ていたものの、正直彼らしい打球とは言えないなぁと感じていました。なぜなら清宮選手はバットコントロールが上手で当てにいってもヒットにしてしまうからです。
そのため、西東京大会や練習試合でみることができた、彼らしい打球の角度ではなかったはずです。

しかし、この3回の本塁打は確実に角度がありました。

しかも、ただの本塁打の角度ではなく、ボールをバットで当てに行かないで振りぬいた時の打球の角度がついていたと考えます。

それもこれも4番の加藤選手がいるからこそだと考えます。清宮選手本人も発言していますが、加藤選手が後ろに控えてくれている安心感。

自分がランナーを返せなくてもなんとかしてくれるという安心感は、清宮選手のメンタルに大きな影響を与えていると考えます。

もちろんあの大舞台で緊張せず結果を出せるメンタルは注目に値することです。しかしそれでもチームメイトに頼れる人がいる。こんなに心強いことはありません。

ここにきて、間違いなく打線には勢いがついてきました。

チームの状態は悪くありません。圧倒的な投手力はないので失点は意外と多いのも事実です。そのため、打線が集中砲火を浴びせて打ち勝つというパターンは西東京大会でも見られた光景です。

甲子園でもそれが見られたのは前回の広島新庄戦。なんとか競り勝ちました。ほぼ間違いなくここからの戦いは打線の大量援護とエース以外の投手の活躍がないと勝利は難しいでしょう。

なぜなら投手は連投に継ぐ連投で疲弊しています。

相手投手も同じですが、エース以外の投手が全国大会でいきなり登板して活躍しろというのは酷な話です。

その点、前回、前々回の試合でも早実はエースの松本投手以外も投げています。この東海大甲府戦でも上條投手がしっかりと仕事をしましたね。

この投球が次戦の九州国際大付戦以降にかならず活きます。かなりの強力打線ですので少々失点は覚悟しないといけません。

勝利のポイントはクリーンナップを含めた打線のつながりです。

湿っていた打線が急に爆発奮起して大量得点をしてきたのはご存知の通り。もちろんみなさんが期待する清宮選手もないと勝利は難しいでしょう。

東海大甲府戦以上のご活躍を期待いたします。

【広島新庄高校戦 試合結果と戦評】

最後はきっちり勝ち越して7-6の勝利。おめでとうございます!

4回は一度勝ち越されてしまいどうなることかと思いましたが、5回にすぐに追いつく当たりはさすが西東京大会の優勝チーム、チャンピオンだと言えます。

どの戦評でもお伝えしているのですが、ここ最近の高校野球はビックイニングの存在があるので最後まで気が抜けません。

つまり4、5点程度のリードでは逆転される可能性もあるということです。

実際、1回の攻撃で5点、6点を取ることは珍しくないです。例を挙げますと関東一と高岡商業戦のように、関東一高は8点とってもまだ試合が決まらなかったですね。

こういう試合は最近ほんとうによくあります。序盤に大量点を取られても諦める必要はないということです。

ただ、自分が応援するチームが逆転したらかなり盛り上がりますが、逆のときは気分の盛り下がりが半端ないと思います(汗)

さて。

ビックイニングを作られた後の5回に追いつき、6回にしっかり追加点をいれ突き放そうとましたが、それもかなわず。8回に同点に追いつかれました。

早実は圧倒的と表現できるようなスゴイ投手はいません。

しかし、堅実なピッチングで勝ち上がってきています。しかしながら、甲子園なので、ある程度の失点は覚悟しないといけません。

この広島新庄のような展開は西東京大会の決勝と似ていますね。

ビックイニングで大量失点しても、打線が奮起していつのまにか勝つ。その良い流れがこの試合でもできていたと思います。

先制点は清宮選手のヒットからでした。
ボールをバットの先でしたがきちんととらえたと表現できるバッティングだったと思います。

ただ正直なところ、彼のまだ甘い球を打ち損じる場面が目立つ気がします。

2安打したとはいえ、まだ打球に伸びがないというか、勢いを感じません。ヒットはでていますが、本調子ではない印象です。

スタンドインするホームランは狙わなくても良いので、もっと甘い球をきちんと捉えられれば、伸びもある速い打球を打てると考えます。

そうなればホームランは遠くないと感じますね。

甲子園クラスの投手を、いかにして自分の思い通りに打つか?これからの清宮選手のご成長が楽しみなところです。

清宮選手ばかりが注目されますが、この試合のヒーローは間違いなくキャッチャーで4番の加藤選手でしょう。

広島新庄戦は、5打数4安打1打点と大活躍。

同点に追いつかれた9回のチャンス。先頭バッターの加藤選手がセンター前ヒットを打ったところから始まりました。

要所でクリーンナップに打順が回ってくるのは、見応えがありますがそれだけ上位打線がランナーで出ている証拠だとも言えます。

打率の高いクリーンナップが、先頭打者でランナーに出て追加点を狙うことも出来ます。

もちろん得点の確率も当然上がりますから、いかに3,4,5番の前にランナーをためられるか?この先の戦い方にも注目していきたいところですね。

【初戦 今治西戦 試合結果と戦評】

結果だけを見ると6-0と危なげない試合結果でした。選手の皆さんお疲れ様でした。

初回の今治西の1番杉内選手の打球はライト後方への大飛球。これが抜けていればかなりの痛手となっていたはずです。

なぜなら甲子園初戦の初めての打者に長打を打たれて浮足立たないチームはまず無いからです。久々の試合でさらに先頭打者に打たれた間隔はその試合中ずっと残ります。

逆に言えば、その大飛球をライトの玉川選手がファインプレーでキャッチしたことでチームが乗りました。

そのいい感触を保ったまま、早実は1回裏に早速3点を先取し試合の流れを引き寄せましたね。

早実エースの松本 皓投手は、球速はさほどありませんが、西東京大会と同様にきちんとコースを投げ分けるピッチング。時々甘いコースに入りヒヤリとすることも多くありましたが、相手の打ち損じと守備陣にも助けられ、要所を抑えることが出来ました。

大会期間は2週間とかなり短いですからしっかりと休息して次戦に備えていただきたいと思います。

さて。注目の清宮選手は4打数1安打。

本人はないといいきりますが、無意識の緊張感もあったのでしょうか。初打席はちょっと相手投手に差し込まれたようなファーストフライに終わりました。

全国大会は西東京大会よりもさらに投手のチカラが上がります。いままでは1打席に1球は甘い球が来ていたかもしれませんが、ここからはかなり減っていくことでしょう。

つまり相手投手のレベルが上がるので甘い球が減り、打ちづらい球が増えるということです。

内角を攻められ、死球を受けました。内角を意識させられたはずです。しかし、7回の打席にはそれを苦にせず、試合の流れをさらに引き寄せる追加点、甲子園初ヒットを記録しました。

次の試合は大会8日目第1試合。広島新庄高校です。

初戦からの微調整を加え、実力発揮していただきたいと期待します。

【投手力】

pitcher-150431_640エースの松本 皓投手は6試合を32回と3分の2を投げて失点19。

地方大会の試合数が6試合だったことを考えると被安打も30あります。三振はトータル12とあまり多くありません。

正直なところ、優勝できたのは日大三高戦以外で打線が失点以上に得点を挙げてくれたから。打線に助けられた感があります。

ところが。

松本投手は、西東京大会の分岐点であった準決勝の日大三高戦は被安打3、四死球が2で完封。

西東京大会は日大三高が優勝候補に上げる人も多く、この準決勝での完封したピッチングは上出来と言えます。

急速はさほど速くない松本投手が、甲子園で各県代表の強打者たちと互角以上に渡り合うには、日大三高戦で見せたコントロールと変化球の切れの精度が高いピッチングは最低でも要求されるでしょう。

いい時と悪い時の差が激しく安定感という伸びしろも十分ある選手だと思います。大会期間中のご成長が楽しみなところです。

エース松本投手の後ろに控える上條投手、服部投手、吉野投手、宮崎投手、吉村投手。エース松本投手を含め、全部で6名の投手陣。

上條投手は、5試合を10回と3分の1投げて失点は3とまずまず。四死球も3とコントロールは悪くないです。

エース松本投手のピンチには緩急をつけたコントロールの良いピッチングで相手打線を打たせてとってきました。甲子園でも同様の投球を期待します。

期待するのは、1年生の服部投手。

1年生ながら3試合に登板し、5回3分の1。被安打5、奪三振5、四死球2、失点は1とまずまずの投球。

一般的な高校ならこのくらいでも十分なのですが、注目が集まる早稲田実業高校野球部ですからさらに精度の高いピッチングをものすごいプレッシャーの中で求められます。

地方大会からの実力が試されるところです。

【攻撃力】

baseball-155990_640注目は、もはや申し上げる必要もありません。1年生で3番打者の清宮幸太郎選手。

打率は5割、10打点とりっぱな成績・・というのは早計です。

彼のボールを捉える能力は、予選で見せたものよりもまだ高いはずです。さらに、決勝に近づくに連れて思ったほど打球が上がらなくなっていきました。

高校通算ですでに13本のホームランを打っていることを考えれば地方大会で1本くらいスタンドに入っていても良かったはずです。

また、決勝に近づけばそれだけ相手投手のチカラもそれなりにアップしてきます。

当然といえば当然ですが、ご本人も不本意だったことをインタビューで答えていましたね。1年生がこれだけ活躍できるのは彼の神経の太さだけではありません。

清宮幸太郎選手が打点をあげるということ。

それは、前の打者が走者となって塁に出てくれているということです。塁にランナーが貯まれば、相手投手はプレッシャーとなり失投が増えます。

つまり打ちやすい状態、環境をを清宮幸太郎選手に与えているからだと考えるのが妥当です。1番打者の山田選手は打率6割超。

四死球も地方大会では6と選球眼もいいです。彼はランナーに出て相手投手にプレッシャーを与える役目を担っています。

さらに後ろに控える4番の加藤雅樹選手の存在があってこそ。

清宮幸太郎選手を敬遠しても打ちとっても、脅威を与える打者が後ろに控えているため投手は行き着く暇がありません。

早稲田実業の本塁打は、地方大会ではゼロ。

打ち勝ってきた地方大会。ランナーを貯めてガツンと返す。甲子園ではそんな得点シーンが目に浮かびます。

【総合評価】

 

baseball-192400_640明らかに清宮幸太郎選手が注目を集めますし、期待度は高まります。

地方大会の結果と戦力だけを見た場合、春の選抜で出てきたチームよりも劣る部分もあります。ダントツ優勝候補と申し上げることは出来ません。

しかし。

予選では清宮選手の前にランナーをためて、彼に打たせる回数を増やすことで、相手投手のプレッシャーが増加。既に全国レベルとなった注目度が相手投手に与えるプレッシャーも増えるでしょう。

地方大会ではそうやって失投が増え、甘い球を見逃さなず打点をあげるパターンが多かったです。

勝ち上がるには甲子園初戦でどれだけインパクトを与えるヒット、ホームランを打てるか?で2回戦、3回戦の清宮対策が決まります。

まともに勝負してもらえないことも予想されますから、後ろに控える4番の加藤、金子選手も期待が高まります。

清宮幸太郎対策をしてくることは目に見えます。

■ランナーをためて打たせることができるか?

■エースの松本投手が日大三高戦と同等の投球ができるか?

が甲子園での勝負を決めるでしょう。とても楽しみにしています。

こんな記事も読まれています

yuusyou1>>2015夏の高校野球!甲子園優勝候補の予想は?

sagamikotira>>2015年東海大相模高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

ikueikotira (1)>>2015年仙台育英高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

kantoukotira>>2015年関東一高野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

関連記事もどうぞ

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.