2015年静岡高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

[記事公開日]
[最終更新日]2015/08/16

スポンサーリンク

sizuoka※8月7日7-8で東海大甲府に惜敗。
選手の皆さんお疲れ様でした。

昨夏の甲子園出場。
そして、秋の東海チャンピオンから春の選抜出場でベスト8。

続いて春季大会でも東海地区チャンピオンに。さらに静岡大会も優勝し波にのり順調な勝利を重ねる静岡高校。

安定感抜群の試合運びは甲子園でまた見られるのか?メンバー出身中学と戦力分析をお伝えいたします。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

>>2015年夏の高校野球!甲子園の優勝候補の予想は?

>>2015年東海大相模高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

>>2015年早稲田実業高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

>>2015年中京大中京高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

>>2015年仙台育英高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

>>2015年関東一高野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

2015年静岡高校野球部メンバー出身中学一覧

※カッコ内は出身中学と出身地

村木 文哉選手(都田 静岡)

堀内 謙伍選手(東海大翔洋 静岡)

平野 英丸選手(対島 静岡)

大石 智貴選手(相良 静岡)

安本 竜二選手(安倍川 静岡)

三瓶 慎也選手(今沢 静岡)

広瀬 舜 選手(大里 静岡)

鈴木 将平選手(吉原二 静岡)

内山 竣 選手(鷲津 静岡)

村松遼太朗選手(牧之原 静岡)

松田 翔真選手(湖東 静岡)

丹治 崇人選手(菊川東 静岡)

堤 光太朗選手(籠上 静岡)

赤堀 史弥選手(大浜 静岡)

鈴木 嘉基選手(南陽 静岡)

内村 杏輔選手(愛鷹 静岡)

鈴木 太郎選手(江南 静岡)

高橋 陸 選手(清水 静岡)

スポンサーリンク



【戦力分析 投手力・守備力】

pitcher-150431_640静岡高校のエースは村木投手です。

静岡大会の試合数は6試合。以下投手成績です。

村木投手の登板試合数 5 登板イニング数 40回

被安打 33
奪三振 32
四死球 5
失点 10

村松遼太朗投手の登板試合数 3 登板イニング数 8

被安打 5
奪三振 11
四死球 2
失点 3

エースの村木投手は、180センチを超える身長ですがさほど筋肉の分厚さを感じない体格ですが手足が長い印象を受けます。

その手足を上手に使った球速はMAX146キロ。140キロ程度ならば、投げられる投手が全国でも増えてきている昨今。決して脅威的なスピードとはいえません。

しかしながら、得意のフォークボールを代表とする変化球。そしてコントロールは春の選抜、春季の東海大会、そして夏の予選ともまれるうちにどんどん磨きがかかってきました。

その大きな成長を助けてくれたのはなんといっても春の選抜です。

春の選抜では敦賀気比高校にベスト8で惜しくも3-4で敗れました。その試合では途中で交代し、悔しい思いをしています。

その後、敦賀気比高校は勢いに乗り優勝。

臥薪嘗胆。村木投手の精度を増すために必死で練習に励み、さらに磨きがかかってきたと言っても過言ではありません。

大舞台の経験が、村木投手の成長著しく促したことは容易に想像ができます。

その成果として地方大会の奪三振は32。四死球は5と安定感も増し、甲子園でのピッチングが楽しみなものとなりました。

控えの村木投手もエースに負けじと静岡大会で3試合合計で投球回数8回で奪三振は11。四死球も2と選抜で惜敗した敦賀気比戦を上回る投球を披露。

この二人の安定感は打線に大きな影響を与え、危なげない試合運びを生み出す原動力となります。

【戦力分析 攻撃力】

baseball-155990_640地方大会の試合数は6試合。チーム打率は366とまずまず。

圧巻は準々決勝、準決勝と二桁得点。さらに決勝でもしっかり5点をあげ危なげない打線が投手を援護します。

注目は3番打者の内山選手。静岡大会では3本のホームランを打ち、打点は合計で14点と大当たり。

そうかと思えば、4番打者の堀内選手は打率5割で打点合計8。5番打者のキャプテン安本選手は打率391で打点合計8。(打点は先発メンバー全員があげている)

さらに選んだ四死球は静岡大会合計で35とコレもまた得点を後押しする選球眼の良さ。

昨夏、秋季大会→春の選抜、今夏と連続で甲子園に出るのも頷けます。

【戦力分析 総合評価】

baseball-192400_640秋の東海チャンピオン→春の選抜ベスト8。そして春の東海チャンピオン→2015年夏の静岡大会優勝。

これらに共通するのは村木投手の出来栄えです。

そして昨夏の甲子園経験者が現在も複数いるという事実。

もちろん打線の奮起があってこそ得点が入ります。しかし試合の良いリズムは投手がつくるもの。

三振を取るべきところ。内野ゴロでダブルプレーを取りたいシーン。

四死球を出し、チームの良いリズムを崩さないようのする。そんな細かな積み重ねがチームの良い循環を生み出します。

さらにそこに昨夏の甲子園経験者が加わりチームの厚みが増しています。

時々抜けたようにポカーンと打たれることがありますが、そこは調子が良い打線の援護を期待します。

また、春とはひとまわりも、ふたまわりも大きくなったチームで甲子園での活躍が楽しみです。

こんな記事も読まれています

>>2015年夏の高校野球!甲子園の優勝候補の予想は?

>>2015年東海大相模高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

>>2015年早稲田実業高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

>>2015年中京大中京高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

>>2015年仙台育英高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

関連記事もどうぞ

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.