2015年東海大相模高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

[記事公開日]
[最終更新日]2015/08/16

スポンサーリンク

※遊学館戦の試合結果と戦評を追記しました。
※聖光学院戦の試合結果と戦評を追記しました。

優勝候補にもあげられている2015年夏の東海大相模高校野球部メンバー。

東海大相模の強さは、甲子園の決勝に近づくに連れて発揮されていくことが予想されます。その理由はご存知、圧倒的な投手力とそれを援護する攻撃力にあります。

初戦までの日程は若干空いていています。試合勘が鈍らないかが心配なところですが、彼らならやってくれると思います。楽しみです。

出身中学、戦力分析、試合結果などをお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

yuusyou1>>2015夏の高校野球!甲子園優勝候補の予想は?

プレゼンテーション1 (1)>>2015年早稲田実業高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

ikueikotira (1)>>2015年仙台育英高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

kantoukotira>>2015年関東一高野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

2015年敦賀気比高校野球部メンバー出身中学一覧

※カッコ内は中学名と出身

小笠原慎之介選手(善行 神奈川)

長倉 蓮 選手 (鶴嶺 神奈川)

磯網 栄登選手 (平井 茨城)

千野 啓二郎選手 (千代田 埼玉)


川地 星太朗選手(城山 愛知)


杉崎 成輝選手 (玉縄 神奈川)


竹内 大貴選手(中野 大阪)


宮地 恭平選手(扶桑 愛知)


豊田 寛 選手(名瀬 神奈川)


北村 朋也選手(愛宕台 栃木)


吉田 凌 選手(西脇東 兵庫)


今江 蓮 選手(八条 京都)


戸崎 慶 選手(東海大翔洋 静岡)


佐々木皐裕選手(あかね台 神奈川)


石川 和樹選手(上溝南 神奈川)

山田 啓太選手(瀬谷 神奈川)

帯川 健太選手(豊田 神奈川)


赤尾 光祐選手(東海大菅生 東京)

スポンサーリンク



【遊学館戦の試合結果と戦評】

初回に4点。
11-2で勝利でした。おめでとうございます。

初回に4点も取られてしまった上にエースの小笠原投手が先発というプレッシャー。これは遊学館にとってかなり心理的な有利を初回で築けたのではないかと思います。

正直なところ、エースの小笠原投手の調子が悪くなければ4点以上を打って取るのは難しいと考えます。

つまり初回に4点取られてしまったら、試合をひっくり返す確率はかなり減ることを意味します。

もちろん小笠原投手も人間ですから、1試合の中でどう崩れるかわかりません。

それは6回の攻撃でした。2本の連続2塁打とタイムリーで、遊学館はなんとか2点を返すことが出来ました。しかし以後は立て直した小笠原投手の前に、反撃もそこまで。

小笠原投手は終始140キロ強のストレートと変化球を操り、遊学館打線を抑えてくれました。

しかしあの小笠原投手が140キロちょっとのストレート?なぜ?そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。

前回の聖光学院戦の9回の肩慣らし登板では150キロ超を記録しました。しかし、この試合は次戦以降、決勝までを見据えた上で完投するつもりだったのでしょう。

終始スピードを敢えて抑え、コントロール重視の投球が目立ちました。

予定通り、前回すばらしいピッチングをした吉田投手を完全に休ませることが出来ました。さらにエースとして風格を感じさせてくれました。

相手打線を2点に抑え完全に勝利を手繰り寄せるピッチング。終わってみれば6回の投球以外で、相手に見せ場を作らせることはありませんでしたね。

しかも全力投球ではありませんでしたから、ここからの戦いが楽しみなところです。試合の戦評以前に東海大相模高校が本当の強さを発揮するタイミングについてお伝えしました。それは

■決勝に近づくほどポテンシャルを発揮していく

というものです。連投で投手は疲弊するためエースが一人で投げ抜くには過酷すぎるのが甲子園のトーナメントです。

負ければ終わりですが試合日程はどんどん詰まっていきます。決勝と準決勝は2日連続。

準々決勝から決勝までは4日で3試合が組まれています。これはプロでも投げることがない試合間隔です。いい加減変えていただきたいと願うばかりです。

次戦は埼玉代表の花咲徳栄高校戦です。

接戦をモノにしてきたチーム相手に着実に投手力、攻撃力を発揮してしとめられるか?優勝へのカウントダウンがはじまりました。期待したいとおもいます。

【聖光学院高校戦 試合結果と戦評】

終わってみれば6-1と完勝でしたね。選手の皆さん、お疲れ様でした!

まず注目は初回の攻撃です。
この試合この初回の攻撃で試合が決まったと言っても過言ではありません。

ツーアウトから3番杉崎選手がレフトオーバーの2塁打。続く4番豊田選手がインコースへ来たきびし目のボールを思い切り叩き、センター前へタイムリーヒットしました。

あのコースをセンター前にヒットにされたら、投手は球威不足を感じます。気持ちがなえますね。

続いて5番の磯網選手の時には豊田選手が盗塁成功。ツーアウトながら2塁にランナーを進めます。

さらに、磯網選手が三塁線を破るツーベースヒットで2点目。このボールもインコース高めでしたが、引っ掛けずにうまく叩きましたね。

地方大会はあまり打てなかった印象がありましたが、ここへ来て復調してくれたら嬉しいですね。

続く打者はフォアボールでツーアウトランナー1,2塁。

7番キャプテンの長倉選手。甘く入ってきた変化球をレフトへ2塁打。この間に2点を取り、合計4点目。初回の攻撃を終えました。

3回も磯網選手が2塁打、6番竹内選手がセンター前にポトリと落ちるヒットで5点目。続く長倉選手はレフト前ヒットで6点目が入りました。

地方大会でもツーアウトから連打で得点をしっかりあげていたのは、印象的でした。初回のツーアウトランナー無しからの4得点は素晴らしかったですね。

こういう得点は相手投手ががっくり来ますし、早くチェンジになれ!と野手も心理的プレッシャーがジワジワかかります。

この得点による相手へのプレッシャー。実は、得点だけがプレッシャーではないのが東海大相模の強みです。

それは何かといいますと、相手チームは絶対エースと、さらに同等チカラを持つ投手と対戦しなくてはいけません。エースを打ち崩してもまだエースが出てくるんです。

大量得点を想像させてもらえない投手力があるんですね。

つまり圧倒的なピッチングをしてくる先発投手の吉田投手。さらに本日は後ろに控えていたプロ注目の絶対エース、小笠原投手のことです。

吉田投手は終始安定したピッチングで聖光学院打線を1点に抑えてくれました。聖光学院は1点に抑えこまれましたがかなり強打のチームのはずです。

今日は9回ワンアウトから小笠原投手が登板しましたね。

地方大会から公式試合がなかったですから、絶対エースが次戦への肩慣らし、甲子園の雰囲気、マウンドに慣れることを目的とした登板だったと思います。

案の定、持て余していたのか4球目には事故最速の151キロを計測しました。うーん。。やっぱりテレビで見てもすごく速いのを感じます。

最後は変化球で三振も取り、試合終了しました。あのストレートと変化球を上手にコントロールできるなら連打する確率は低いと考えます。

ただちょっと気になることが。

交代時の投球練習中もそうでしたが、小笠原投手はすこし球が浮くんですね。

球速は初球が148キロくらいだったと思います。打者は真後ろに飛ぶファール。真後ろに飛ぶということはタイミングがあっている証拠です。

アレ?ちょっと小笠原投手、おかしいぞと思いました。

3球目は151キロの自己最速のボールでしたが、高めの球を相手打者は空振りしていません。バットに当て、ファウルにしています。

その後の打者にもストレートをいい当たりでファールされています。

本来の投球通り、ボールに指にかかっていれば、小笠原投手クラスのレベルの投手なら高めのボールは相手打者は空振りするなんです。

なぜなら、球威があるとバッターが思っているよりもボールが上に来るので、ボールの下を振ってしまうはずだからです。

そのため空振りしないにしても、内野フライなら仕方がないのですが、自己最速のボールを1塁横にいい当たりでファールされている。

それがいくら強打の聖光学院といえども、良いあたりのファールを何人も続くわけがないと考えます。

小笠原投手はもしかして甲子園初戦で力んでいるだけならいいのです。しかし、投げ急いで手投げになっているのならば次戦以降はちょっと心配だと感じます。

自己最速と甲子園のマウンドは既に体験しました。次戦以降の完全体の小笠原投手のピッチングに期待したいとおもいます。

【戦力分析 投手力】

pitcher-150431_640優勝候補の筆頭にもあげられる東海大相模野球部。その理由はまず投手力にあると言ってもいいでしょう。

正直なところ、全国でこれだけ投手に恵まれたチームはそうはありません。

140キロを超えるストレート。他のチームに行けばほぼ間違いなくエース級投手が2名。神奈川県大会の二人の戦績は

【小笠原投手の成績】4試合 投球イニング数 27回

被安打13
奪三振30
四死球10
失点1

と、かなりの好成績。

【吉田凌投手】3試合 投球イニング数 19回と3分の2

被安打9
奪三振21
四死球5
失点1

とこちらもかなりの成績です。

まず、ふたりとも目立つのは奪三振の数です。現代の高校野球では球速が速いだけでは、甲子園では三振はほとんど取れ無いと言っても過言ではありません。

なぜならバッティングマシーンがあるからなんです。

バッティングマシーンは過去にさわやかイレブンと言われた部員数がたったの11名のメンバーで甲子園を制した池田高校が導入。打力を徹底的に磨き甲子園で打ち勝っていきました。

バッティングマシーンの速度は160キロ以上に設定することもできます。

tachometer-153634_640人が安定的に投げられない速い球。

それを徹底的に打つ練習。体に染みこむまで継続してできるので球速が速いだけだと三振を取るのは難しいというわけです。

そのため大事になるのは総合的な投手のコントロールです。

ご存知、小笠原慎之介投手と吉田凌投手は、昨夏は吉田凌投手は1試合で20奪三振という快挙を達成しました。

しかもそれが神奈川大会の決勝戦だったと言いますから、圧巻の投球内容だったことは想像にかたくありません。

まだ当時は2年生でしたが、急速、変化球のキレは抜群。

特に縦のスライダーはストレートに見えてしまうので面白いように打者がバットを振る姿を見ることが出来ます。

その吉田投手をおしのけてエースナンバーを背負うのは小笠原投手。

cards-570712_640急速は150キロに満たないものの、関東大会からこの夏にかけて、いつ150キロ超となってもおかしくない実力の伸びを見せてくれました。

それもそのはず。

速球のチカラだけで押していく投球から、チェンジアップやスライダーなどを織り交ぜる投球でピッチングの幅を広げる成長を見せてくれているからです。

しかも失点は合計で5点と、投手のチカラが発揮された引き締まった試合となりました。

甲子園の序盤はもちろんですが、東海大相模の強さ、粘り強さは甲子園の決勝に近づくに連れて発揮されていくはずです。

なぜなら

■どのチームもエースが1名だと連投で疲弊してくる

■エースを休ませると勝てないので出さざるをえない

■特に準決勝、決勝は2日、あるいは3日でこなす必要がある。そのためコントロールミスや球速低下が起こる

■そのため決勝でも投手が打ち込まれるケースが散見される

■疲労が蓄積していないフレッシュな投手。しかもエース級投手が、ベストな状態で投げられれば相手打線を押さえ込める

というわけです。打力は水モノ。投手力はある程度計算ができますが、疲労蓄積には勝てません。

門馬監督がどちらを使おうか?スタメンを書き込む時に非常に悩む姿が目に浮かびます。

エースが2名。さらに他の投手もそれなりに実力があるとなれば、甲子園決勝に近づくに連れて本領発揮となるのは理解できることと思います。

【戦力分析 攻撃力】

baseball-155990_640神奈川の地方大会は7試合。チーム打率は381。さすがといったところでしょう。

ホームランは5本。2塁打18本、3塁打5本と長打力も十分の打線は3試合をコールド勝ちに導きました。

ところが。

長打力だけに頼らないのがこの今年のチームのスゴイところ。選んだ四死球は19、盗塁も19と得点を取るための貪欲な姿勢が垣間見えます。

横浜高校相手に9点を奪った神奈川県大会決勝戦。

小笠原投手というエースが完封し打線もしっかり爆発。最高に近い形で甲子園への切符を手にした東海大相模高校野球部。

勝ち方も良かったため、チームの勢いや雰囲気、流れもかなり良い状態だと判断します。

昨夏のように初戦で惜敗するようなことがなければ、甲子園上位ではなく優勝できる位置にいるチームといって過言ではないでしょう。

【戦力分析 総合評価】

baseball-192400_640強い強い!と言われて何故かコロっと負けてしまうところがあります。

昨夏もそうでしたが優勝候補と言われた4枚看板、自慢の打線に火がつく前に甲子園を去ってしまいました。(昨夏は盛岡大付の松本投手が相手でした)

甲子園は1度負ければ終わりですが、次の試合に勝ち決勝まで駆け上がるためは勢いをつけるための勝ち方もこだわりたいところ。

さらに会ナンバーワンと言っていい投手力の層の厚さが、決勝に近づくほど発揮されるのは前述のとおりです。

初戦の聖光学院戦の勝ち方。

まずはここに注目していきたいと思います。

こんな記事も読まれています

yuusyou1>>2015夏の高校野球!甲子園優勝候補の予想は?

プレゼンテーション1 (1)>>2015年早稲田実業高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

ikueikotira (1)>>2015年仙台育英高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

関連記事もどうぞ

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.