2015年仙台育英高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

[記事公開日]
[最終更新日]2015/08/16

スポンサーリンク

ikuei (1)※花巻東高戦の試合結果と戦評を追記しました。
※滝川第二高校戦の試合結果と戦評を追記しました。
※エースが復活!初戦明豊高校戦の試合結果と戦評を追記しました。

打線が投手を強力に援護。
エースの故障でも危なげなく勝ち上がってきた仙台育英高校野球部。

4割を超える打率は甲子園でも発揮できるか?2015年仙台育英高校野球部メンバー出身中学と戦力分析をお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

yuusyou1>>2015年夏の高校野球!甲子園の優勝候補と予想は?

rp_sagami-500x375.png>>2015年東海大相模高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果>>2015年

プレゼンテーション1 (1)>>2015年早稲田実業高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

kaiseikotira>>2015年大阪偕星高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

tyuukyoukotira>>2015年中京大中京高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

kantoukotira>>2015年関東一高野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

2015年仙台育英高校野球部メンバー出身中学一覧

※カッコ内は出身中学と出身地

佐藤 世那選手(秀光 宮城)

郡司 裕也選手(ちはら台南 千葉)

佐々木良介選手(富谷二 宮城)

谷津 航大選手(岩切 宮城)

佐藤 将太選手(佐沼 宮城)

平沢 大河選手(高崎 宮城)

紀伊 海秀選手(明倫 山形)

青木 玲磨選手(豊田 栃木)

佐々木柊野選手(秀光 宮城)

百目木優貴選手(茂庭台 宮城)

小林 勇太選手(みどり台 宮城)

熊谷 彗河選手(登米 宮城)

瀬戸 泰地選手(秀光 宮城)

佐々木啓太選手(北上 宮城)

西巻 賢二選手(秀光 宮城)

前野 広大選手(千代川 茨城)

山本昇応太選手(秀光 宮城)

立山 貴大選手(秀光 宮城)

スポンサーリンク



【花巻東戦の試合結果と戦評】

接戦をモノにしての勝利。4-3でしたね。おめでとうございました!

この日の試合はすべて一点差のゲームばかり。初回は幸先良く二点を先取し、いつもどおり打線が爆発することが予想されました。しかし、この試合はヒット7本で4点といつもの試合よりも元気がありません。
もうベスト16なのですから当たり前といえば当たり前です(笑)

要所をきちんと抑えるピッチングと好プレーで仙台育英の得点を許してくれませんでした。花巻東高も打撃には定評のあるチームでした。

しかし、4回途中から登板したエース佐藤投手が1失点に抑えるピッチングで得点を与えませんでした。

もうエースの佐藤投手は甲子園直前の地方予選で見せたコントロールの不安定さや自信の無さといった投球は見られませんね。

素晴らしい投球で相手打線を黙らせてくれたと思います。

しかしここから決勝までは4日で3試合とプロ選手でも投げない試合間隔での登板が予想されます。この試合でも投げた百目木選手と地方大会をいっしょに投げてきた投手陣。

そして完全に復調したエース佐藤投手の継投。前回の戦評でも書いていますが、現在投手と打線の歯車がかみ合ってきているチームだと考えます。

相手投手を確実に打ち崩す打線がこのまま行ってくれれば優勝が見えてくると考えます。

もちろん強豪校ばかりでですからカンタンには行かないでしょう。しかし優勝に期待がもてる勢いを感じるチームであることは間違いありません。

次戦はおなじ東北の秋田商業戦。

エースの調子が良ければまちがいなく接戦となります。打線の勢いをそのまま継続してくれることを期待します。

【滝川第二高校戦の試合結果と戦評】

滝川第二高戦 7-1

打線が投手を捉えるまで、エンジンのかかりがいつもよりもちょっと遅い試合でしたね。

しかし何よりの収穫はエースの佐藤投手が前回の試合に引き続き好投できたこと。しかも9回を投げることが出来たこと。

今大会で波に乗り始めているのを強く感じます。しかも、地方大会ではケガの影響から全くと言っていいほど仕事が出来ませんでした。

とても苦しい時間だったと思いますが、甲子園で復活出来て本当に良かったですね。

佐藤投手のこの試合の成績は

投球数 121
被安打 6
奪三振 4
四死球2
失点1(自責点1)

と素晴らしいピッチングでした。佐藤投手は、三振を取りに行けばもう少し取れる投手のはずです。しかしながら、この試合はストレートのスピードを抑え、要所では着実に仕留めに行く投球を披露。

変化球主体でコントロール重視のピッチングでした。次戦を意識してのことだったのかもしれません。

甲子園で全力投球するのはカンタンです。カンタンというのは語弊があるかもしれませんが、どうしても勝利という結果がほしいので全力で投げたんですね。。

そこをグッとこらえてのピッチングは普通の精神力では出来ることではありません。

長期におよぶケガを乗り越えてきた精神力。そしてその間にこなしてきた練習が今の佐藤投手の投球、精神を支えてくれているのだと感じました。

打線は相変わらず好調だと考えます。

抑えこまれていると見えていても、相手投手の疲労やちょっとした隙に連打を浴びせビッグイニングを作ってしまう。

当初、当サイトの優勝候補には挙げていないチームでしたが、エースの復調というめどが立ったこと。そして打線の爆発力がこの大会で非常に良いのを感じます。

今のところ、今大会でもダントツ投手力と打線の歯車ががっちり噛み合っているチームと言っていいと考えます。
こういう勢いにノッてきたチームは、選手の感覚として試合をしていても負ける気がしないと思います。プレーに自身が出てきますから、迷いがないのでさらに結果が出てきます。

過去の甲子園から学べば、こういう形態のチームの勢いは、優勝、あるいは優勝に近い結果になっていくという勢いを感じます。

次戦は花巻東戦です。

花巻東高校も打線の爆発力は並大抵のものではありません。佐藤投手の復調がホンモノかどうかは、この試合で証明されると言えます。

明豊高校戦の試合結果と戦評

明豊高校戦の結果は、12-1で仙台育英高校の勝利です。

なんと合計ヒット数は、先発全員安打の20本。

リプレイを見ていただければよくわかりますが、相手投手の変化球にもしっかりとタイミングを合わせて自分たちの形でスイングができていました。

ボールもバットに当たる瞬間までよく見ていて、本来のバッティングができていたんだと思います。ほんとうによく打ってくれましたね。

初回は1番打者の佐藤 将太選手がサードゴロから1塁への悪送球でセカンドを狙いました。しかし、セカンドがしっかりとカバーしていてアウト。

いきなりチャンスを潰してしまったかに思えましたが、続く2番の青木選手が2塁打。さらに3番平沢選手がセンターバックスクリーン横に豪快なホームランを叩き込んで2点を先制しました。

こうなると宮城大会と同じく止まらなくなってくる仙台育英打線です。

6番の紀伊選手まで2連続安打が続き、仙台育英は一挙5点を奪い、試合の完全に流れを引き寄せてしまいました。

このあたり、いわゆる畳み掛ける戦いぶりは、宮城大会もそうでしたが、お見事としか言いようがありませんね。どこまで打線が続くのか?見ていて期待してしまいます。

その後の展開は言うまでもなく合計で12点と打線は大暴れしました。

そのおかげで大会記録のおまけがつきましたおまけというのにはちょっと過小評価かもしれませんが1試合10本の2塁打は大会記録。

ヒット数はそれなりに増えるのはわかりますが、安打数20に対して2塁打が半分というのもすごい記録だと思います。

地方大会決勝戦から公式試合はありませんから、試合勘が鈍ってきます。さらに甲子園の初戦となればエンジンがかかりづらいのは普通です。

初戦はなかなかバットが火を噴くよりも湿りがちで2回戦に課題を持ち越すケースが多いですが、今回の明豊戦は当たりすぎでした(笑)

2回戦は大振りにならないように気を付けるという課題になるかもしれません(笑)

そのくらいどの打者もボールが良く見えていましたし、あたってましたね。2回戦も楽しみです。

勝利とともにひとつの良いニュースがありました!何かといえばエースの佐藤投手が復活を果たしたことです。

腕の故障があり、夏の大会に入っても調子が上がらず百目木投手を始めとするエース佐藤投手以外の投手陣が奮起してくれて地方大会を勝ち上がりました。

故障箇所は肘という話ですが、何かの拍子に再発することもしばしばあります。かばいながら投げると余計に痛めたりします。

また、かばいながら投げると速い球でもキレがなくなるので打ち込まれます。いずれにしても痛めたままの投球はいい方向に出ません。よろしくないです。

ところが、明豊高校戦に関しては、8回まで打者30人120球を投げました。

点差もありましたし、もっと速く交代させてもよかったのではないか、というご意見があるようですが地方大会では決勝以外はあまり投げることが出来ていません。

この試合で実践の感覚を研ぎ澄ますことができればという采配だったとも考えられます。逆に長い回数を投げさせることが出来るほど故障箇所の調子はいいのではないか?とも考えられます。

采配ですので口出しはできませんが、そうした背景があったのではと推測します。

さらに三振は7つも撮れていますし、ご存知の通り失点は1点のみ。被安打も4しかありませんでした。さすがエースという投球内容です。

この数字だけを見ると、やはりエースの佐藤投手の肘の調子は悪くないと推測することが出来ます。

ちょっと気になったのは佐藤投手から継投した、百目木投手の制球が定まらなかったことです。

佐藤投手が安心して行けるところまで全力で行こう!と思い切りよく投げられるのは傾倒する百目木投手が予選を通じてきちんとした投球をシてくれたからこそだと考えます。

もちろんそこには他の投手陣や打線の援護があってこそですが、今回の明豊高校戦で気になった点はそこだけですね。

2回戦以降はかならず微調整してくれるはずですので、打線に加えて百目木投手の投球にも期待したいところです。

【戦力分析 投手力・守備力】

pitcher-150431_640宮城大会の試合数は全部で6試合。投手は全部で4名と層が厚いのが特徴のチームです。

ところがエースナンバーを背負う佐藤投手の調子が今ひとつの状態が続いています。秋の明治神宮大会→春の選抜という良い流れでしたが、ひじを故障しているとのこと。

一度故障すると治癒まで時間もかかりますし、夏の大会が迫る中で調整をするというプレッシャーのせいで心理的な焦りが出てきて余計に調整が遅れることがあります。

故障箇所をかばう投球になるとどうしてもボールのキレが落ちます。

速度もそれなりになるため打ち込まれるシーンが目立ってくるでしょう。佐藤投手の場合は打たれまいと制球が定まらないシーンが目立ちました。

下記は宮城大会の成績です。

佐藤投手の宮城大会成績

登板試合数 4
登板イニング数 14
被安打 14
奪三振 15
四死球 8
失点 5

百目木投手の宮城大会成績

登板試合数 6
登板イニング数 25
被安打 17
奪三振 27
四死球 8
失点 4

その他に小林投手、西巻投手が後ろに控えます。

 

なんといっても宮城大会で目立ったのは百目木投手の活躍です。背番号は10番ですが、6試合すべてに登板し、四死球は8、奪三振は25、失点は4点とエース級の働きでに抑えました。

後述する爆発的な攻撃力の影に隠れていますが、すばらしいのはエラーの少なさです。

エラーは宮城大会トータルで3。これは全国大会出場チームを見ても明らかに少ない部類に入ります。

投手が調子悪い時には守備の助けが求められます。打ちとった当たりをエラーというのは気持ちが切れることもあります。

逆に失投しいい当たりをされた時。ファインプレーでピンチを乗り切れば投手だけでなく野手全体の勢いを加速させます。

打線は水モノですばらしい投手にあたった時には接戦になりますから、エラーは命取りとなります。

拮抗した試合の緊張の糸を切らずワンチャンスをものにするため、守備力強化を図る指導者が非常に多いのはそのためでもあります。

誰がの調子が悪い時には、チーム全体でもり立てる。

層が厚いチームですからこれが出来ると団結が余計に強くなります。さらに勝ちを重ねられれば、次はじぶんもチームの役に立とう。しっかりと認識して仕事ができますのでさらに成長は加速します。

試合のたびに成長する。

全国大会に出場したチームでもまだまだ伸びしろはありますし、中継のテレビ画面の中からでも試合中に選手が成長していると感じることがあります。

注目を集める選手、強豪と言われ騒がれるチームがいる中で仙台育英高校の怒涛の快進撃が期待されます。

【戦力分析 攻撃力】

baseball-155990_640宮城大会は前述のとおり6試合。打率はなんと423という好成績です。

本塁打は4と多くはありませんが、エースの不調をカバーしようと自分の仕事をしている打者が目立ちます。

若干調子を落としている3番平沢選手以外は、3割台後半~5割台の打率。コレに加えて選んだ四死球は40。

四死球は無条件で1塁にランナーが出ます。つまりヒット数に換算すれば安打数が40安打増えたことにもなります。

四死球を加えたチーム打率は計算上、6割を軽く超えてきます。

選球眼の良さ、そして長短打を含めた打線の良さ。全国大会で出会う素晴らしい投手と仙台育英打線の対戦。

注目していきたいと思います。

【戦力分析 総合評価】

baseball-192400_640エースの佐藤投手が復活するか?それとも百目木投手が宮城大会と同様にエースの不調を救うのか?

ひじの調子を見ながらのメンバー調整だと思いますがまずはこの点に注目したいところ。

さらに4割超のチーム打率を誇る打線と相手投手との対戦。選んだ四死球の多さから選球眼は良いのは織り込み済み。

犠打も18を数えるため、熱さに加えて9番まで穴のない打線、ソツのない打線との対戦をする相手投手は気の毒になります。

ほぼ毎試合10得点以上だった好調な攻撃力を甲子園で発揮できるか?

その点にも注目していきたいところです。

こんな記事も読まれています

yuusyou1>>2015年夏の高校野球!甲子園の優勝候補と予想は?

rp_sagami-500x375.png>>2015年東海大相模高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

プレゼンテーション1 (1)>>2015年早稲田実業高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

 

tyuukyoukotira>>2015年中京大中京高校野球部メンバー出身中学と戦力分析&試合結果

関連記事もどうぞ

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.